ニュース

横浜刑務所で35人がコロナ感染 矯正施設、最多クラスター

2021/1/12 18:13

 法務省は12日、横浜市の横浜刑務所で昨年12月15日以降、受刑者28人、職員7人の計35人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。国内の矯正施設では最多のクラスター(感染者集団)となった。

 法務省によると、感染した受刑者28人中27人が、所内で約60人の同じグループに振り分けられ、ボールペンの組み立てといった刑務作業や食事を一緒にしていた。刑務作業中はマスクを着用していたという。

 横浜刑務所の受刑者の収容定員は1225人。1月11日時点で収容する889人全員に抗原検査などを実施する。刑務作業は停止し、面会も当面取りやめる。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 小池氏、今週末の宣言解除に懸念 (3/2)

     東京都の小池百合子知事は2日、首都圏で続く新型コロナウイルス緊急事態宣言の解除を巡り、新規感染者数の減少ペースが鈍化して目標に届いていないとして「間に合わないのではないか」と、今月7日の期限での解除...

  • スターフライヤーの増資可決 (3/2)

     経営が悪化している中堅航空会社スターフライヤー(北九州市)は2日、同市内で臨時株主総会を開き、最大で約110億円の資本増強策を賛成多数で可決した。コロナの影響で利用客が低迷しており、増資で財務基盤を...

  • 首相、宣言解除は直前まで見極め (3/2)

     菅義偉首相は2日の衆院予算委員会で、首都圏4都県に対する新型コロナウイルス緊急事態宣言を解除する是非に関し、直前まで見極める意向を示した。「ぎりぎりまで状況を見たい思いがある」と述べた。新型コロナワ...

  • 諮問委、今週開催と西村担当相 (3/2)

     西村康稔経済再生担当相は2日の記者会見で、7日までとなっている首都圏1都3県に対する緊急事態宣言の扱いを議論するため、専門家らで構成する諮問委員会を今週中に開くと述べた。感染者数などの指標を「できる...

  • 全産業、経常利益が0・7%減 (3/2)

     財務省が2日発表した2020年10〜12月期の法人企業統計は、金融・保険業を除く全産業の経常利益が前年同期比0・7%減の18兆4505億円で、7四半期連続のマイナスとなった。減少幅は7〜9月期の28...