ニュース

コロナ、新型インフルと同分類へ 政府、感染症法の改正を検討

2021/1/12 20:26

 新型コロナウイルス感染症の法的な位置付けについて、現在の暫定的な「指定感染症」から、実施できる措置が最も多い「新型インフルエンザ等感染症」に分類する方向で政府が感染症法の改正を検討していることが12日、分かった。自民党会合で案を示した。

 入院勧告や就業制限、建物の封鎖といった現状と同等の幅広い対策が当面維持される。新型コロナの流行が終息し、何年か後に再流行した場合にも適用可能となる。ただ、国民の大半が免疫を獲得して危険性が下がったと判断したら、対策の在り方を見直す。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 困窮者支援策、今月中旬に発表 (3/8)

     菅義偉首相は8日の参院予算委員会で、新型コロナウイルス禍で困窮する女性の非正規労働者らへの支援策に関し「今月中旬までに取りまとめて発表したい」と語った。野党が現金給付を盛り込むよう求めたのに対しては...

  • 2月の街角景気「大幅に改善」 (3/8)

     内閣府が8日発表した2月の景気ウオッチャー調査は、街角の景気実感を示す現状判断指数(季節調整値)が前月比10・1ポイント上昇の41・3となった。改善は4カ月ぶり。調査時点で新型コロナウイルスの緊急事...

  • Jリーグ、試合当日の検査を検討 (3/8)

     Jリーグの村井満チェアマンは8日、試合当日に新型コロナウイルスの陽性者が出たクラブに対し、ただちに試合会場で選手らへの検査実施を検討する考えを示した。オンラインでの実行委員会後に「濃厚接触の範囲や全...

  • 首相、4月にも訪米検討 (3/8)

     日米両政府が、菅義偉首相の訪米を早ければ4月に実現し、バイデン大統領との対面による初の首脳会談を開く方向で検討を始めたことが分かった。複数の日本政府関係者が8日、明らかにした。米国内の新型コロナウイ...

  • 2月の企業倒産、50年で最少 (3/8)

     東京商工リサーチは8日、2月の全国の企業倒産件数(負債額1千万円以上)が前年同月比31・5%減の446件となり、8カ月続けて前年実績を下回ったと発表した。新型コロナウイルス感染拡大を受けた実質無利子...