ニュース

鹿児島の養鶏場で鳥インフル 高病原性疑い、殺処分へ

2021/1/13 8:58

 鹿児島県は13日、簡易検査で陽性反応が出た同県さつま町の養鶏場の鳥インフルエンザについて、遺伝子検査の結果、高病原性の疑いがあると発表した。この養鶏場で飼育されている約3万3千羽の殺処分を始めた。県内の養鶏場では今季初、国内で15県目。

 12日に養鶏場から「普段より多くの鶏が死んでいる」と通報があり、県は13日、周辺3キロ圏内を鶏や卵の持ち出しや持ち込みを禁じる移動制限区域に、3〜10キロ圏内を搬出制限区域に設定。県によると、10キロ圏内には計41の養鶏場があり、計約195万5千羽が飼育されている。

 畜産統計によると、鹿児島はブロイラー飼育数で全国2位。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 不妊治療実績開示求める、厚労省 (1/27)

     厚生労働省は27日、不妊治療費の公費助成の条件として、治療実績や費用などの情報を開示している医療機関での実施を求める方針を決めた。政府は不妊治療への支援策を少子化対策の柱として位置付けているが、情報...

  • 政府、接種状況把握へ新システム (1/27)

     政府は27日、新型コロナウイルスのワクチンの接種状況を国がほぼリアルタイムで把握することを目的に、新たなシステムを導入する方針を固め、取り組みを本格化させた。接種を行う市区町村は、住民が引っ越しした...

  • 広島の全市民PCRに10億円 (1/27)

     広島県が、広島市中心部4区の全住民と就業者合わせて最大80万人を対象に計画する新型コロナウイルスの無料PCR検査の概要が27日、関係者への取材で分かった。検査は任意で、実施期間は2月中旬から約1カ月...

  • 小林化工、22製品自主回収 (1/27)

     福井県あわら市の製薬会社「小林化工」が製造した爪水虫などの医薬品に睡眠導入剤の成分が混入した問題で、同社は27日、新たに22製品を自主回収すると発表した。国が承認していない製造工程や、出荷前後の品質...

  • ワクチン円滑接種へ初訓練 (1/27)

     厚生労働省と川崎市は27日、新型コロナウイルス感染症ワクチンの接種を円滑に進めるため、市立看護短大の体育館で集団接種の訓練を実施した。3月下旬に想定される65歳以上の高齢者への接種開始に向け、国と自...