ニュース

世界のパソコン出荷、3億台超 6年ぶり、コロナで需要増

2021/1/13 10:49

 【ニューヨーク共同】米調査会社IDCは12日までに、2020年の世界のパソコン出荷台数(速報値)が前年比13・1%増の3億260万5千台だったと発表した。3億台を超えるのは14年以来、6年ぶり。新型コロナウイルスの流行に伴い、在宅勤務やオンライン学習で使用するパソコンの需要が高まった。ゲーム向けも好調だった。

 メーカー別の出荷台数首位は、中国の聯想(レノボ)グループ。12・0%増の7266万9千台で、シェアは24・0%だった。上位5社のうち出荷台数の伸び率が最も大きかったのは米アップルの29・1%増で、2310万2千台だった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 米ズーム、売上高4倍 (3/2)

     【ニューヨーク共同】ビデオ会議システムを運営する米ズーム・ビデオ・コミュニケーションズが1日発表した2021年1月期決算は、売上高が前期比4倍の26億5136万ドル(約2800億円)だった。純利益は...

  • 世界の新規感染、増加に (3/2)

     【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は1日の記者会見で、世界全体で6週続けて減少してきた1週間当たりの新型コロナウイルスの新規感染者が、先週は増加に転じたと明らかにした。日本を...

  • 神戸市で変異株36件確認 (3/1)

     神戸市は1日、市内の新型コロナウイルス感染者の検体を変異株用のPCR検査などで調べた結果、1月下旬〜2月に36検体で変異株が見つかったと発表した。感染力が強いとされる英国由来の変異株が31検体で、ワ...

  • 日航、希望者に2千円でPCR (3/1)

     日本航空は1日、国内線に搭乗する希望者向けに2千円で新型コロナ感染の有無を調べるPCR検査サービスを始めると発表した。日航が費用の一部を負担する。対象となる搭乗期間は今月15日から6月30日まで。搭...

  • 東大寺、コロナに負けずお水取り (3/1)

     奈良市の東大寺で1日、「お水取り」の名で知られ、東大寺大仏開眼の752年から途切れず「不退の行法」と言われる仏教修行「修二会」の本行が始まった。今年は新型コロナウイルスの感染拡大が試練に。僧侶らは事...