ニュース

昨年の企業倒産7773件 公的支援で30年ぶり低水準

2021/1/13 15:05

 東京商工リサーチが13日発表した2020年の全国の企業倒産(負債額1千万円以上)は、前年に比べ7・3%減の7773件で、バブル期の1990年以来30年ぶりに8千件を下回る低水準だった。減少は2年ぶり。新型コロナウイルス流行を受けた実質無利子・無担保融資や各種の給付金といった公的支援が奏功した。

 コロナ禍に関連した経営破綻は792件。同社は「売り上げが回復していない企業が多く、飲食業を中心に緊急事態宣言の再発令の打撃も大きい。21年の倒産は増加に転じる可能性が高い」と分析している。

 20年の倒産は7月以降、6カ月続けて前年同月比で減った。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 米当局が零下20度の保管容認 (2/26)

     【ワシントン共同】米食品医薬品局(FDA)は25日、米製薬大手ファイザーの新型コロナワクチンを零下15〜25度の一般的な医療用冷凍庫で最大2週間、保管することを認めると発表した。これまで零下60〜8...

  • 緊急事態、2月末で6府県解除へ (2/26)

     政府は26日夕、10都府県で3月7日まで発令中の新型コロナウイルス緊急事態宣言に関し、岐阜、愛知の東海2県と京都、大阪、兵庫の関西3府県、福岡の計6府県について2月末での解除を決定する。病床使用率の...

  • 2回接種で91%に抗体確認 (2/26)

     【ロンドン共同】英大学インペリアル・カレッジ・ロンドンの研究チームは25日、新型コロナウイルスのファイザー製ワクチンを2回接種した人のうち、約91%に抗体が確認されたと発表した。80歳以上の人に限る...

  • JRA、調教助手らに追加調査 (2/26)

     日本中央競馬会(JRA)の調教助手や厩務員が新型コロナウイルス対策の国の持続化給付金を不正受給した疑いがある問題で、申請や受給を認めた調教助手らに日本調教師会が再びアンケート用紙を配り、申請の経緯を...

  • コロナワクチン売上1・9兆円 (2/26)

     【ニューヨーク共同】米バイオテクノロジー企業モデルナは25日、2021年の新型コロナウイルスワクチンの売上高が184億ドル(約1兆9500億円)になると見込んでいると発表した。ロイター通信によると、...