ニュース

鹿児島の霧島国際ホテル廃業へ コロナ禍で宿泊客激減

2021/1/13 17:36

 ダイワボウホールディングス傘下の大和紡績は13日、子会社が運営する「霧島国際ホテル」(鹿児島県霧島市)が5月20日に営業を終了し、廃業すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で宿泊客が激減し、回復する見通しが立たなくなった。建物も老朽化し、改装費がかさむこともあって事業継続は困難と判断した。

 建物については取り壊しを含め対応を検討する。正社員56人を含む子会社の従業員140人には、霧島市や鹿児島県の協力を得て再就職を支援する。霧島国際ホテルは1971年に営業開始。165の客室があり、天然温泉や岩盤浴が人気だった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 新型コロナ、女性に不公平 (3/9)

     【ワシントン共同】イエレン米財務長官と国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は8日のオンライン対談で、新型コロナウイルスによる景気後退がもたらした男女間の不平等を早急に是正するべきだとの認識で...

  • ワクチン完了で屋内交流可 (3/9)

     【ワシントン共同】米疾病対策センター(CDC)は8日、新型コロナウイルスワクチンの接種完了から2週間以上たった人同士は、小規模なら屋内で、マスクを着けずに距離を気にしないで交流できるとする行動の手引...

  • 伊コロナ死者、10万人超 (3/9)

     【ローマ共同】イタリア政府は8日、同国の新型コロナウイルスの死者が10万103人に達したと発表した。米国、ブラジル、メキシコ、インド、英国に次ぐ世界6番目の多さとなっている。イタリアは、新規感染者の...

  • コロナで男女平等「後退」 (3/9)

     【ニューヨーク共同】国連のグテレス事務総長は8日、「国際女性デー」に合わせたオンラインイベントで演説し、新型コロナウイルス流行下で女性が重要な役割を果たしているにもかかわらず、男女間の格差は増大して...

  • アナフィラキシー5人発症 (3/8)

     厚生労働省は8日、新型コロナウイルスワクチンを接種した20〜50代の女性5人が、重いアレルギー反応のアナフィラキシーを発症したと発表した。息苦しさや頻脈といった症状が出たが、いずれも投薬をするなどし...