ニュース

ウナギ稚魚の輸出規制、一部緩和 日本、貿易の透明性高める

2021/1/13 19:05

 水産庁と経済産業省が絶滅危惧種に指定されているニホンウナギの稚魚の輸出規制を一部緩和することが13日、分かった。稚魚の乱獲を防ぐための国際的な取り組みにより規制の意味合いが薄れる一方、密輸が横行する背景とされているため見直す。貿易の透明性を高めウナギの適切な資源管理につなげることを目指す。

 具体的には台湾への輸出を念頭に、輸出貿易管理令の運用を変更。ウナギの取引業者は産地などを申請し水産庁から事前確認証の交付を受ければ、これまで認められなかった12月から翌年4月までの間の輸出などが可能となる。運用変更は2月1日を予定している。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • シャンパン20年出荷18%減 (1/27)

     【パリ共同】フランスのシャンパン生産者らでつくるシャンパーニュ委員会は26日、2020年の出荷量が新型コロナウイルス流行による影響で前年比18%減の約2億4500万本だったと発表した。輸出先として世...

  • 為替相場  27日(日本時間 5時) (1/27)

     5時現在           1ドル=             103円64銭〜          103円65銭    前日比  +0円16銭   1ユーロ=            126円09銭...

  • 為替相場  27日(日本時間 2時) (1/27)

     2時現在           1ドル=             103円69銭〜          103円73銭    前日比  +0円11銭   1ユーロ=            125円92銭...

  • NY株、反発 (1/27)

     【ニューヨーク共同】26日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、午前10時現在は前日比69・98ドル高の3万1029・98ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は15・53...

  • NY円、103円後半 (1/26)

     【ニューヨーク共同】26日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午前8時半現在、前日比09銭円高ドル安の1ドル=103円62〜72銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・2139〜49ドル、125円85〜9...