ニュース

再発令警戒強める関西スポーツ界 「臨戦」阪神は行動制限中

2021/1/13 19:39

 3府県が対象となった関西など、13日に緊急事態宣言が再発令された地域のスポーツ界は新型コロナウイルス感染防止へ警戒を一段と強める。予定される大会の関係者は開催への準備に万全を期す構えを改めて示した。

 プロ野球阪神は昨年、開幕前とシーズン中に感染者が続出。年明けに選手と球団職員の計2人の陽性が確認され、谷本修球団本部長は「臨戦態勢」と表現する。選手らの行動を制限。

 宮崎市でキャンプを張るオリックスは湊通夫球団社長が「最善策を実施する」との方針を示す。

 ラグビーのトップリーグの強豪、神戸製鋼の広報担当は、「慎重に行動するように選手に声を掛けた」という。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 感染非拡大地域に支援要求 (2/25)

     島根県の丸山達也知事は25日、東京都内で記者会見し、新型コロナウイルス感染拡大地域に比べて島根のように感染を抑えている地域への財政支援が少ないとして、感染非拡大地域への飲食店や関連事業者への支援金制...

  • 東京23人死亡、340人感染 (2/25)

     東京都は25日、新型コロナウイルスの感染者が新たに340人報告されたと発表した。直近7日間で平均した1日当たりの人数は279・7人。累計は11万740人となった。60代〜100歳以上の男女23人の死...

  • 運動実施率59・9%に上昇 (2/25)

     スポーツ庁は25日、2020年度のスポーツ実施状況に関する調査結果(速報値)を発表し、週1回以上運動する成人の割合は59・9%となり、前年度から6・3ポイント上昇した。スポーツ庁の室伏広治長官は定例...

  • GoToの部分再開を検討 (2/25)

     赤羽一嘉国土交通相は25日の衆院予算委員会分科会で、停止中の観光支援事業「Go To トラベル」について、緊急事態宣言が全て解除されても、全国ではなく、新型コロナウイルス感染が落ち着いている地域で部...

  • スポニチ記者が給付申請を勧誘 (2/25)

     日本中央競馬会(JRA)の調教助手や厩務員が新型コロナウイルス対策の国の持続化給付金を不正受給した疑いがある問題で、スポーツニッポン新聞社大阪本社編集局レース部で、競馬を担当していた男性記者が、申請...