ニュース

米消費者物価0・4%上昇 12月、ガソリン値上がり

2021/1/13 23:12
 米ニューハンプシャー州コンコードのガソリンスタンド(AP=共同)

 米ニューハンプシャー州コンコードのガソリンスタンド(AP=共同)

 【ワシントン共同】米労働省が13日発表した2020年12月の消費者物価指数(季節調整済み)は前月と比べて0・4%上昇した。上昇率は11月(0・2%)よりも拡大。エネルギー価格が4・0%上がり、全体を押し上げた。

 中でも燃料油が10・0%、ガソリン価格が8・4%値上がりした。他の品目では、食品が0・4%上昇した。

 全体の前年同月比は1・4%上がった。

 変動が激しいエネルギーと食品を除いたコア指数は前月比0・1%上昇。前年同月比では1・6%上がった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 東京株式 26日午前終値    (1/26)

    <225種>          28641円13銭      前日比 −181円16銭  <TOPIX>         1852.96        前日比 −09.04    

  • 為替相場  26日(日本時間11時30分) (1/26)

    11時30分現在        1ドル=             103円71銭〜          103円72銭    前日比  −0円01銭   1ユーロ=            125円94銭...

  • 羽田北ウイング、再び閉鎖 (1/26)

     日航は新型コロナウイルスの感染再拡大で利用客が減少していることを踏まえ、国内線が発着する羽田空港第1ターミナルの北ウイングを近く閉鎖することを決めた。同社関係者が26日、明らかにした。当面の間、南ウ...

  • 韓国22年ぶりマイナス成長 (1/26)

     【ソウル共同】韓国銀行(中央銀行)が26日に発表した2020年の国内総生産(GDP、速報値)は、物価変動の影響を除く実質で前年比1・0%減だった。聯合ニュースによると、マイナス成長はアジア通貨危機の...

  • デジタル庁先行採用、倍率47倍 (1/26)

     平井卓也デジタル改革担当相は26日の閣議後記者会見で、9月のデジタル庁創設に向け先行募集した民間人材について、30人程度の採用枠に20〜70代の1432人の応募があったと明らかにした。倍率は47・7...