ニュース

スバル、半導体不足で減産 群馬と米工場で数千台

2021/1/14 12:26
 スバル群馬製作所の本工場=2017年、群馬県太田市

 スバル群馬製作所の本工場=2017年、群馬県太田市

 SUBARU(スバル)は14日、世界的な半導体の不足を受け、群馬製作所(群馬県太田市)と米インディアナ州の工場で減産を実施していると明らかにした。複数車種を対象とし、残業や休日出勤の取りやめなどによって、1月中に日米それぞれで計数千台程度を減産する見通し。

 2月以降は「今後検討する」としている。半導体は第5世代(5G)移動通信システム関連やスマートフォンの需要増加などの影響もあり、自動車向けの供給が滞っている。トヨタ自動車や日産自動車も減産することを明らかにしている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 三越伊勢丹、赤字347億円 (1/27)

     三越伊勢丹ホールディングスが27日発表した2020年4〜12月期連結決算は、純損益が347億円の赤字(前年同期は78億円の黒字)となった。新型コロナウイルス感染拡大に伴う来店客の減少が響いた。売上高...

  • 日産、30年代早期に全て電動化 (1/27)

     日産自動車は27日、2030年代の早期に主要市場の日米中と欧州で販売する全ての新車を、電気自動車(EV)などの電動車にすると発表した。世界的な脱炭素の流れを受け、経営再建に向けて注力する電動化の方針...

  • ロボット会社を共同設立 (1/27)

     ソフトバンクロボティクスグループ(東京)とアイリスオーヤマ(仙台市)は27日、ロボットの開発、販売を手掛ける共同出資会社を2月1日に設立すると発表した。技術力を持ち寄り、法人向けロボットで新たな市場...

  • 東証反発、89円高 (1/27)

     27日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反発した。国際通貨基金(IMF)が2021年の日本の実質経済成長率見通しを上方修正したことを受け、将来的な景気回復への期待から買い注文が優勢となった。...

  • 東京株式 27日終値      (1/27)

    <225種>          28635円21銭      前日比  +89円03銭  <TOPIX>         1860.07        前日比 +12.07