ニュース

中国、昨年4月以来の感染死者 最近流行の河北省で1人

2021/1/14 12:11

 【北京共同】中国政府は14日、新型コロナウイルス感染症による死者が13日に河北省で1人確認されたと発表した。新たな感染死は昨年4月以来。本土全体の死者は4635人となった。中国では最近流行が拡大しており、13日に本土全体で138人の新たな発症者を確認。無症状感染者も78人増えた。13日の発症者は河北省と黒竜江省で主に確認された。

 中国は無症状感染を分けて発表するなど独自の基準を用いる。湖北省武漢市は昨年4月中旬、報告漏れやミスがあったとして統計を訂正し、死者数に1290人を上積みした。武漢市では検査が追い付かず、感染死者と認定されなかった人が一定数いる。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 東京で変異種が市中感染の可能性 (1/22)

     厚生労働省は22日、東京都の10歳未満の女児が英国で拡大している新型コロナウイルスの変異種に感染したのを確認したと発表した。英国滞在歴はない上、滞在歴がある人との接触も確認できておらず、同省は「市中...

  • 国内で最多の108人が死亡 (1/22)

     国内で22日、新型コロナウイルス感染症の死者108人が報告され、19日の104人を上回り過去最多を更新した。感染者は新たに5035人が報告された。内訳は東京1175人、神奈川627人、千葉462人な...

  • 神戸市、通常医療制限し47増床 (1/22)

     神戸市は22日、新型コロナウイルス感染者の急増で病床の空きが危機的状況だとして、市立の主要3病院で通常医療の入院や手術を2〜4割制限し、病床や人員をコロナ用に充てると発表した。新たに民間2病院も受け...

  • 浜岡原発コンクリート、高強度に (1/22)

     中部電力浜岡原発1号機(静岡県御前崎市)の原子炉建屋のコンクリートには「トバモライト」という硬い鉱物が生成し、強度が増していることが分かったと名古屋大の丸山一平教授(建築材料学)らのチームが明らかに...

  • 日医、外国人患者受け入れ困難も (1/22)

     日本医師会(日医)の中川俊男会長は22日、東京五輪・パラリンピック開催に関し、医療提供体制の逼迫状況が改善されない限り、さらなる外国人患者の受け入れは「可能ではない」と述べ、厳しい見方を示した。東京...