ニュース

免疫、最低5カ月持続か 英調査、感染拡散リスク

2021/1/14 23:36

 【ロンドン共同】英保健当局は14日、新型コロナウイルスに感染後、体内にできるウイルスへの免疫が少なくとも5カ月持続する可能性があるとの調査結果を公表した。ただ、免疫があってもウイルスを保有、周囲に拡散するリスクがあり、専門家らは感染拡大を封じ込むため、感染経験者も引き続き警戒する必要があると呼び掛けている。

 専門家は調査結果を受け、昨年春の第1波の際に感染した人々が抗体効果を失い、再び感染しやすくなっている可能性もあると指摘している。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 接種後の感染、症例情報を集約へ (1/18)

     国内で新型コロナウイルス感染症のワクチン接種が開始された後の感染状況の変化や効果の分析に活用するため、厚生労働省が、接種後に感染した症例の情報を集める方針であることが17日、分かった。医師が保健所に...

  • ワクチン接種後に3人入院 (1/18)

     【ニューデリー共同】インド保健・家族福祉省は17日、前日に始まった新型コロナウイルス感染症ワクチンの接種後、447人が発熱や頭痛、吐き気などを訴え、うち3人が入院したと発表した。2人は既に退院し、残...

  • 国内感染5759人、死者49人 (1/17)

     国内で17日、新たに5759人の新型コロナウイルス感染者が報告された。地域別では東京1592人、神奈川795人、大阪464人など。京都は154人、秋田は12人で最多だった。死者は愛知で6人、東京で5...

  • 東京で新規感染1592人 (1/17)

     東京都は17日、新型コロナウイルスの感染者が新たに1592人報告されたと発表した。感染者数の報告が少ない日曜では過去最多で、感染者の累計は8万5470人となった。入院患者は前日から13人減の3045...

  • 米LA郡のコロナ感染者百万人に (1/17)

     【ロサンゼルス共同】全米第2の都市、ロサンゼルスを抱えるロサンゼルス郡の保健当局は16日、新型コロナウイルスの累計感染者数が100万人を超えたと発表した。米メディアによると、郡別では全米で初めて。英...