ニュース

柔道、金野委員長「経験が収穫」 マスターズ大会総括

2021/1/15 16:45

 全日本柔道連盟の金野潤強化委員長は15日、オンラインで報道陣の取材に応じ、13日終了のマスターズ大会(ドーハ)の総括を行った。新型コロナウイルス禍で日本勢にとっては昨年2月以来の国際大会となり「海外のトップレベルの大会で、実際に組み合って試合をできた経験が一番の収穫だ」と語った。

 東京五輪代表5人を含む男女計9人が派遣され、複数回のPCR検査や現地での厳しい行動制限がある中で全員が出場。優勝は女子57キロ級で五輪代表の芳田司ら2人に終わったが「試合感覚や現時点での状態、課題をつかむことが一番の意義だと思っていた。その意味では達成できた」とうなずいた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

東京五輪の最新記事
一覧

  • 楢崎智亜、野口啓代が初優勝 (3/6)

     スポーツクライミングで登る速さを競うスピードのジャパンカップは6日、京都府亀岡市のグラビティリサーチサンガスタジアムbyKYOCERAで行われ、男子は楢崎智亜、女子は野口啓代(ともにTEAM au)...

  • TOKIOが福島の聖火走者辞退 (3/6)

     福島県は6日、同県を25日にスタートする東京五輪の聖火リレーで、東京電力福島第1原発事故の被災地、南相馬市を走行予定だった人気グループ「TOKIO」が県のPRランナーを辞退したと発表した。俳優窪田正...

  • 湯元兄弟が聖火リレーを辞退 (3/6)

     元レスリング選手の双子で、いずれも五輪メダリストの湯元健一さんと進一さん=ともに(36)=が、和歌山県で走る予定だった東京五輪の聖火リレーを辞退したことが6日、分かった。 同県でのリレーは4月9、1...

  • 五輪の海外観客、見送る公算大 (3/5)

     東京五輪・パラリンピックで、海外からの一般観客の受け入れを見送る公算が大きくなったことが5日、複数の関係者への取材で分かった。大会組織委員会、政府、東京都、国際オリンピック委員会(IOC)、国際パラ...

  • 柔道GS、阿部詩ら優勝 (3/5)

     柔道のグランドスラム(GS)タシケント大会は5日、ウズベキスタンのタシケントで開幕して男女計5階級が行われ、女子52キロ級で東京五輪代表の阿部詩(日体大)が優勝した。初戦の2回戦から3試合を全て一本...