ニュース

米主要企業の利益、7%減予測 10〜12月期、業種で明暗

2021/1/18 15:01

 【ニューヨーク共同】米主要企業の2020年10〜12月期決算発表が始まった。米調査会社ファクトセットの予測集計によると、全体の利益は前年同期と比べ7%減少し、4四半期連続の減益となる見通しだ。新型コロナウイルスで落ち込んだ業績の回復は業種によって明暗が分かれる。予測より上振れする可能性もある。

 予測では全11業種のうち6業種が悪化。減少率が100%を超えると赤字で、最も落ち込むのはエネルギーの102%減。原油安が響いた。工業は36%減。航空会社は大幅な赤字。

 一方で、金属鉱業産業が好調な素材は9%増。ヘルスケアや金融、生活必需品、ITも増益の見通しだ。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • GoTo、月内再開は「困難」 (3/5)

     赤羽一嘉国土交通相は5日の記者会見で、緊急事態宣言を21日まで延長する政府の方針に合わせ、観光支援事業「Go To トラベル」の全国停止を8日以降も継続する考えを示した。菅義偉首相は参院予算委員会で...

  • NTT接待に5千円負担 (3/5)

     総務省の谷脇康彦総務審議官は5日の参院予算委員会で、NTTから高額の接待を受けたとされる問題を巡り、昨年7月の接待で5千円を負担したと答弁した。「全体額がどれくらいかもその時点では分からず、参加費と...

  • 中国、21年成長率目標6%以上 (3/5)

     【北京共同】中国の全国人民代表大会(全人代=国会)が5日、北京で開幕した。李克強首相は政府活動報告で、2021年の国内総生産(GDP)成長率の目標を「6・0%以上」と設定した。2年ぶりに目標を復活さ...

  • 緊急事態の再延長を今夜決定 (3/5)

     政府は5日夜、新型コロナウイルス対応の改正特別措置法に基づき、首都圏1都3県に発令している緊急事態宣言の再延長を決定する。西村康稔経済再生担当相は専門家らで構成する諮問委員会で、7日までの宣言の期限...

  • 関西3府県で無症状者検査 (3/5)

     新型コロナウイルスの緊急事態宣言が解除された地域で感染再拡大の兆候をつかみ、早期の対策につなげるため、街で無症状の人に参加してもらう「モニタリング検査」が5日、大阪市内の3カ所で始まった。兵庫県、京...