ニュース

中国のコロナ初期対応に出遅れ WHO独立委が中間報告

2021/1/19 10:45
 ジュネーブ本部に掲げられたWHOのロゴ(AP=共同)

 ジュネーブ本部に掲げられたWHOのロゴ(AP=共同)

 【ジュネーブ共同】新型コロナウイルス感染症への対応を検証する世界保健機関(WHO)の独立委員会は18日、中間報告を公表し「中国の保健当局は昨年1月の段階で、より強力な公衆衛生上の措置を取れたはずだ」として、中国当局の感染拡大初期の対応に出遅れがあったと指摘した。WHOの権限不足のほか、米中を念頭に各国間の政治的対立の影響にも言及した。

 WHOについては、新たな感染症が発生した際の調査や支援、現地への要員派遣を自由にできず「期待されている任務を果たすには権限が不足している」と指摘した。

 中間報告は中国当局の対応の遅れについて、具体的には言及していない。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 首都圏の緊急事態宣言を延長 (3/3)

     菅義偉首相は3日、首都圏1都3県に発令中の新型コロナウイルス緊急事態宣言に関し、7日の期限を2週間程度延長する方針を表明した。理由について、病床が逼迫していることを挙げ「国民の命と暮らしを守るためだ...

  • 「宣言延長すべき」と日医会長 (3/3)

     日本医師会(日医)の中川俊男会長は3日の記者会見で、首都圏1都3県に出されている新型コロナウイルスの緊急事態宣言について「期間を延長し、感染者の抑え込みを徹底するべきだ」と述べ、7日の期限での解除に...

  • 生活保護申請、初の増加 (3/3)

     2020年1年間の生活保護申請件数が計22万3622件(速報値)に上り、前年から1672件(0・8%)増えたことが3日、厚生労働省の集計で分かった。前年から増加したのは、比較可能な13年以降初めて。...

  • J1名古屋―G大阪が中止 (3/3)

     サッカーのJリーグは3日、愛知県豊田市の豊田スタジアムで同日午後7時から予定していたJ1の名古屋―G大阪を中止すると発表した。G大阪の選手4人、スタッフ1人が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたため...

  • 小舟で春の海へ、ひな人形流し (3/3)

     人形供養で知られる和歌山市の淡嶋神社で、桃の節句の3日、子どもの健やかな成長を願う神事「ひな流し」があった。全国から神社に奉納された約300体のひな人形が、2隻の小舟で春の海へ送り出された。 神社で...