ニュース

在宅勤務中に副業、市職員を処分 京都、前の職場に出勤し給与得る

2021/1/19 13:28

 京都市北区役所の20代男性職員が、新型コロナウイルス感染拡大に伴う在宅勤務中に、前の職場に出勤し給与を得ていたことが19日、市への取材で分かった。市は、副業行為や職務専念義務違反に当たるとして、昨年6月29日付で、厳重文書訓戒のけん責処分にした。職員は依願退職した。

 市によると、職員は昨春に京都市に採用されて以降、計3回、在宅勤務中に引き継ぎなどのため前の職場を訪れていた。市役所業務のない土日も前の職場で働き、昨年5月までの給与として計数十万円を得ていたという。

 昨年5月、市が前の職場に年金関係の問い合わせをした際、「在職中」との回答を受け発覚した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • EU、男女賃金差解消へ立法提案 (3/5)

     【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)欧州委員会は4日、男女の賃金格差解消に向けた立法措置を加盟国に提案した。企業などが雇用する男女の賃金格差の可視化や、性別による賃金差別を受けた際に補填を請求できる...

  • JRA調査結果、6日に公表 (3/5)

     日本中央競馬会(JRA)の調教助手らが新型コロナウイルス対策の国の持続化給付金を不正受給した疑いがある問題で、実態調査をしていたJRAは5日、結果を農林水産省に報告した。6日午後にホームページなどで...

  • 東京の拾得物、32・4%減 (3/5)

     2020年に警視庁に届け出があった東京都内の拾得物は約280万6千件で、前年に比べ32・4%減少したことが5日、同庁への取材で分かった。遺失届は約78万5千件で25・0%減り、新型コロナウイルスの感...

  • 大阪、簡易検査で変異株64件 (3/5)

     大阪府は5日、新型コロナウイルスの感染者から採取した検体について変異株用の簡易検査を実施したところ、64人が陽性だったと発表した。うち12人は国立感染症研究所の詳細検査で英国由来の変異株であることが...

  • イベルメクチン、回復を早めず (3/5)

     【ワシントン共同】新型コロナウイルスに感染した軽症者に抗寄生虫薬「イベルメクチン」を投与したところ、回復を大幅に早める効果はみられなかったとの臨床試験(治験)結果を、南米コロンビアのチームが5日まで...