ニュース

2020年の紙出荷、過去最低 コロナで職場向け低迷

2021/1/20 16:48

 日本製紙連合会は20日、2020年の紙と板紙の国内出荷量が前年比9・9%減の2144万トンで、比較可能な1988年以降で過去最低だったと発表した。新型コロナウイルス感染拡大により、オフィス向けのコピー用紙などが落ち込んだ。

 テレワークが広がったため、コピー用紙といった印刷・情報用紙は18・9%減の558万トンと低迷。段ボールなどに使う板紙は5・1%減の1073万トンだった。一方、感染防止対策で需要が伸びたティッシュペーパーなどの衛生用紙は堅調で、前年と同水準の183万トンを維持した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • スペイン王女、中東で接種 (3/4)

     【パリ共同】3日付のスペイン紙ムンドなどは、国王フェリペ6世(53)の2人の姉、エレナ王女(57)とクリスティーナ王女(55)が2月、中東のアラブ首長国連邦(UAE)で暮らす父の前国王フアン・カルロ...

  • NY株、もみ合い (3/4)

     【ニューヨーク共同】3日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均はもみ合う展開となり、午前10時現在、前日比11・62ドル高の3万1403・14ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は...

  • インドのワクチン、有効性81% (3/4)

     【ニューデリー共同】インドのワクチン製造会社バーラト・バイオテックは3日、臨床試験中ながら既に接種が始まった同社製新型コロナウイルスワクチンについて、暫定的な有効性を81%と発表した。 有効性などの...

  • 米「中国の挑戦」に対抗 (3/3)

     【ワシントン共同】ブリンケン米国務長官は3日、就任後初となる外交政策に関する主要演説を国務省で行う。同省が事前に発表した演説抜粋によると、影響力を増す中国を「安定的で開かれた国際秩序に挑戦する力を持...

  • 4都県の「医療提供体制厳しい」 (3/3)

     厚生労働省に新型コロナウイルス対策を助言する専門家組織は3日、緊急事態宣言の対象地域となっている埼玉と千葉、東京、神奈川の4都県について「新規感染者の減少スピードが鈍化し、病床使用率の高い地域がある...