ニュース

人気1位は子ザルの「エール」 大分・高崎山の選抜総選挙

2021/1/23 11:36
 高崎山自然動物園でサルの人気を競う「選抜総選挙」の人気ザル部門で初優勝した雄の子ザル・エール=大分市(同園提供)

 高崎山自然動物園でサルの人気を競う「選抜総選挙」の人気ザル部門で初優勝した雄の子ザル・エール=大分市(同園提供)

 野生ニホンザルの餌付けで知られる大分市の高崎山自然動物園は23日、サルの人気を競う恒例の「選抜総選挙」で、人気ザル部門は雄エール(0歳)が初優勝し、イケメンザル部門は雄ゴロー(推定14歳)が2度目のトップだったと発表した。

 エールは昨年4月に誕生が確認され「新型コロナウイルスに負けずに頑張ろう」という思いを込め名付けられた。有効投票数808票のうち269票を獲得した。2位は不自由な両手で3匹の子ザルを育て上げた雌サヤカ(27歳)で195票。英国の王女と同じ名前で話題になり、雌部門の優勝4回を誇るシャーロット(5歳)は145票で3位だった。


この記事の写真

  •  高崎山自然動物園でサルの人気を競う「選抜総選挙」のイケメンザル部門で1位となったゴロー=大分市(同園提供)

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • コミック市場が過去最大に (2/25)

     出版科学研究所は25日発売の「出版月報」2月号で、昨年のコミック市場の規模が前年比23・0%増の6126億円となり、1978年の統計開始以来で最大となったと発表した。人気漫画「鬼滅の刃」の爆発的ヒッ...

  • 東京都、7カ月連続で人口流出 (2/25)

     総務省が25日公表した1月の人口移動報告(外国人含む)によると、新型コロナウイルスの感染状況が厳しい東京都は、転出者が転入者を1490人上回り、人口流出に当たる「転出超過」となった。転出超過は昨年7...

  • 今年のテレビ需要、1%増 (2/25)

     電子情報技術産業協会は25日、2021年の国内のテレビ需要が前年比1・0%増の548万1千台になるとの見通しを発表した。11年の地上デジタル放送完全移行に伴う特需から約10年が経過し、買い替えが進む...

  • 1月の百貨店売上高、29%減 (2/25)

     日本百貨店協会が25日発表した1月の全国百貨店売上高は、既存店ベースで前年同月比29・7%減だった。昨年12月の13・7%減から減少率が広がった。新型コロナウイルス感染拡大で緊急事態宣言が再発令され...

  • 国内広告費、9年ぶり減少 (2/25)

     電通が25日発表した2020年の国内総広告費は、前年比11・2%減の6兆1594億円だった。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、東日本大震災があった11年以来、9年ぶりに減少した。下げ幅はリーマ...