ニュース

新築マンション発売、3万戸割れ 首都圏28年ぶり、価格高も

2021/1/25 17:08
 東京都内

 東京都内

 不動産経済研究所が25日発表した2020年の首都圏(1都3県)の新築マンション発売戸数は、前年比12・8%減の2万7228戸だった。新型コロナウイルスの影響で1992年以来28年ぶりの3万戸割れとなった。1戸当たりの平均価格は1・7%高い6084万円で、73年の調査開始以降、バブル期の90年(6123万円)に次ぐ2番目の高さとなった。

 発売戸数の減少は、緊急事態宣言が出た春先のモデルルーム閉鎖が大きく響いた。ただ夏以降は、在宅勤務の拡大などを受け間取りの広さなどを求める積極的な購入の動きも出ており、同研究所の担当者は「年後半の市況は堅調だった」と話した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • ワクチン増産ライバル連携 (3/3)

     【ワシントン共同】バイデン米大統領は2日の記者会見で、医薬品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)による新型コロナウイルスのワクチン生産に同業の大手メルクが協力すると発表した。ワクチン生産の拡...

  • 小池都知事ら、宣言解除に慎重 (3/3)

     小池百合子東京都知事と埼玉、千葉両県知事は2日、1都3県で発令中の新型コロナウイルス緊急事態宣言の今週末解除に慎重姿勢を表明した。神奈川県も足並みをそろえる。1都3県で宣言延長を政府に要請する案が浮...

  • 複数機器接続で電力不足 (3/2)

     新型コロナウイルスワクチンを保管していた冷凍庫が温度上昇し故障したとされた問題で、厚生労働省は2日、同一箇所の電源コンセントに二つの機器を接続したことによる電力不足が原因だったと発表した。冷凍庫の故...

  • ワクチン接種の60代女性死亡 (3/2)

     厚生労働省は2日、米製薬大手ファイザー製の新型コロナワクチンを接種した60代女性が、接種から3日後に死亡したと発表した。女性に基礎疾患はなく、死因はくも膜下出血とみられる。現時点で接種との因果関係は...

  • 水際対策強化、13カ国を追加 (3/2)

     政府は2日、新型コロナウイルス変異株の流行が懸念されるイタリアやオーストリアなど計13カ国から帰国する邦人らに対し、水際対策を強化すると発表した。既に英国、南アフリカなどには同様の措置を取っている。...