ニュース

文化財防火デー、法隆寺で訓練 コロナで規模縮小

2021/1/26 11:46
 世界遺産・法隆寺で行われた防火訓練。新型コロナウイルスの感染拡大に配慮し、規模を縮小した=26日午前、奈良県斑鳩町

 世界遺産・法隆寺で行われた防火訓練。新型コロナウイルスの感染拡大に配慮し、規模を縮小した=26日午前、奈良県斑鳩町

 「文化財防火デー」の26日、奈良県斑鳩町の世界遺産・法隆寺で、防火訓練が行われた。火災を起こさない決意を新たにする法要も実施した。例年は大規模に放水するが、今回は新型コロナウイルスの感染拡大に配慮し、規模を縮小した。

 午前10時半すぎ、消防関係者ら約50人が見守る中、収蔵庫の「ドレンジャー」という設備を作動させると、屋根の複数箇所から水が噴き出し、滴り落ちた。古谷正覚住職は「文化財を次の世代につなぐのが使命。今回はコロナで変則的な形だったが、毎年訓練を行いたい」と話した。

 法隆寺では1949年1月26日、金堂が炎上し、古代仏教絵画の壁画が焼損した。


  • 前の記事へ

 あなたにおすすめの記事

暮らし・話題の最新記事
一覧

  • 家庭の食品ごみ、年5・7億トン (3/5)

     世界各国の家庭から出る食品廃棄物の量は2019年には年間5億7千万トン近くあり、これまでの推計値の約2倍に上るとみられるとの報告書を国連環境計画(UNEP)が4日、発表した。日本の家庭からの食品廃棄...

  • 家庭の食品ごみ、年5・7億トン (3/4)

     世界各国の家庭から出る食品廃棄物の量は2019年には年間5億7千万トン近くあり、これまでの推計値の約2倍に上るとみられるとの報告書を国連環境計画(UNEP)が4日、発表した。日本の家庭からの食品廃棄...

  • 上野のパンダ、恋の予感 (3/4)

     東京・上野動物園(台東区)は4日、雌のジャイアントパンダ、シンシンに発情の兆候があり、雄のリーリーと交配のために同居させる準備を始めたと発表した。2頭はいずれも15歳で、2017年に生まれた雌シャン...

  • 住宅街で自動運転カートが試運転 (3/4)

     大阪府河内長野市南花台地区の住宅地で4日、電磁誘導による7人乗り電動カートの自動運転テスト走行があった。高齢者の移動支援が目的で、危険回避のために運転手を配置した上で、5月の大型連休明けの実用化を目...

  • コロナ禍で就活解禁、制約も (3/1)

     2022年に卒業する大学生・大学院生の新卒採用の会社説明会が1日に解禁され、就職活動が本格的に始まった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で学生優位の「売り手市場」は途絶えた。昨年、大半が中止に追い込...