ニュース

経団連会長「雇用維持が最優先」 春闘、賃上げ鈍化は不可避

2021/1/26 12:00
 2021年春闘交渉のポイント

 2021年春闘交渉のポイント

 経団連は26日、主要企業の経営者や産業別労働組合の代表らが参加する「労使フォーラム」を東京都内で開き、2021年春闘が事実上スタートした。新型コロナウイルス禍で企業の経営環境が悪化しており、リンパ腫治療で欠席した経団連の中西宏明会長はメッセージを寄せ「事業継続と雇用の維持が最優先」との見解を表明した。春闘は働き方改革などもテーマになるが、14年から続いた賃上げの勢いは鈍化が避けられそうにない。

 今春闘で、連合は基本給を底上げするベースアップ(ベア)を2%程度要求しているが、中西氏はこの日のメッセージで雇用維持などの重要性を強調した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • コロナ禍予算、年度内成立へ (3/2)

     2021年度予算案は2日の衆院本会議で与党などの賛成多数により可決され、衆院を通過した。憲法の衆院優越規定に基づき20年度内の成立が確定した。一般会計総額は106兆6097億円で過去最大。菅義偉首相...

  • プロ野球、オープン戦開幕 (3/2)

     プロ野球は2日、当初の予定より1週間遅れてオープン戦が始まり、京セラドーム大阪でオリックス―ロッテ、ペイペイドームでソフトバンク―中日の2試合が行われた。 本来は2月23日にキャンプ地の沖縄でスター...

  • 中国、SNSでの情報発信を規制 (3/2)

     【北京共同】中国当局が、会員制交流サイト(SNS)を通じて情報発信する「ニューメディア」への規制を強めている。記者らが当局の許可なく政治や経済について論ずることを制限し、新型コロナウイルスも「敏感な...

  • 金融庁、コロナ融資の延長要請へ (3/2)

     金融庁は2日、新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受けた中小企業向け融資に関し、元本の返済を猶予する据え置き期間の延長を金融機関に要請する方針を固めた。猶予期間が1年程度の契約が多く、間もなく返済期限...

  • 東京、新たに232人感染 (3/2)

     東京都は2日、新型コロナウイルスの感染者が新たに232人報告されたと明らかにした。累計は11万2029人となった。 都内は緊急事態宣言後に続いてきた減少のペースが鈍化し、下げ止まりの懸念が出ている。...