ニュース

コロナ法案5項目の修正協議入り 与党、懲役刑の削除検討

2021/1/26 13:29
 新型コロナウイルス特別措置法と感染症法の改正案の修正協議に臨む自民党・森山裕(左端)、立憲民主党・安住淳(右端)の両国対委員長ら=26日正午ごろ、国会

 新型コロナウイルス特別措置法と感染症法の改正案の修正協議に臨む自民党・森山裕(左端)、立憲民主党・安住淳(右端)の両国対委員長ら=26日正午ごろ、国会

 与野党は26日昼、新型コロナウイルス特別措置法と感染症法の改正案について、5項目を議題に修正協議を行った。野党は5項目に関する具体的要求を説明し、与党は持ち帰った。野党は、感染症法改正案に盛り込まれた罰則のうち、入院拒否者に対し、懲役刑といった刑事罰を科すのは重すぎると批判。これを受け、与党は懲役刑の削除を検討中だ。政府が目指す2月初旬の成立へ向け、その他の罰金や過料の減額などを巡りどこまで折り合えるかが焦点となる。野党も早期合意を探る。

 国会内で開かれた協議には衆院内閣、厚生労働両委員会の与野党筆頭理事が出席。27日も協議し、合意を得たい考えだ。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

政治の最新記事
一覧

  • 立民・枝野氏「夫婦別姓公約に」 (2/27)

     立憲民主党の枝野幸男代表は27日のオンラインイベントで、次期衆院選で選択的夫婦別姓制度の実現を訴える考えを示した。「公約に間違いなく入る。導入に合意しない政党とは連立政権を組まない」と強調。制度に賛...

  • 岡山県知事、支援差を疑問視 (2/27)

     岡山県の伊原木隆太知事は27日の全国知事会後の記者会見で、新型コロナウイルス対策に関し、地域によって政府からの支援差が大きいとして疑問を呈した。「(感染対策を)頑張れば頑張るほど支援が少なくなるので...

  • 知事会、ワクチン全体像の明示を (2/27)

     全国知事会は27日、新型コロナウイルス対策本部の会合をオンラインで開き、国への緊急提言案を大筋で了承した。円滑なワクチン接種に向け、時期を明示した接種率の目標や、接種情報を管理する新システムの詳細な...

  • 羽田次郎氏、野党統一候補に (2/27)

     4月の参院長野選挙区補欠選挙を巡り、立憲民主、共産、社民3党の県組織の代表は27日、長野市内の会合で、立民の新人羽田次郎氏(51)を野党統一候補とすることで合意した。 羽田氏は同日、3党の県組織との...

  • 政府、皇位継承議論を開始へ (2/26)

     政府は、国会から速やかな検討を求められている安定的な皇位継承策を巡り、3月末までに本格的な検討を開始する方向で調整に入った。有識者会議の設置が念頭にあるとみられる。政府関係者が26日、明らかにした。...