ニュース

全日空、長期休職制度を導入 理由不問で最大2年、4月から

2021/1/26 16:10
 全日空のロゴマーク=2020年10月、羽田空港

 全日空のロゴマーク=2020年10月、羽田空港

 全日本空輸が、理由を問わずに最大2年間休職できる「サバティカル休暇制度」を今年4月から導入することが26日、分かった。国内企業では数カ月の導入事例はあるが、年単位の長期取得は珍しい。無給だが、1年以上の場合は補助金として20万円を支給する。2021年春闘が実質的に始まり、先進的な取り組みとして注目を集めそうだ。

 航空業界は新型コロナウイルス流行で国際線の旅客需要が激減し、客室乗務員を中心に大規模な一時帰休が続いている。

 対象はパイロットや客室乗務員、地上職の正社員約1万5千人。休業・休職期間中は会社が社会保険料を負担する。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • かんぽに最大1万人出向へ (2/25)

     日本郵政グループが、保険営業に携わる日本郵便の郵便局員らを来年春にかんぽ生命保険へ出向させることが25日分かった。対象は最大1万人規模に上る。2019年に表面化した保険不正販売の再発防止の一環で、営...

  • 農業の「つなぎ融資」、542件 (2/27)

     農家の減収を穴埋めする収入保険制度について、新型コロナウイルス感染拡大の影響で資金が必要になった農家や農業法人に対し、2020年12月末までに計542件、30億6千万円のつなぎ融資が実施されたことが...

  • リクルート、銀座の本社ビル売却 (2/27)

     リクルートホールディングスが、登記上の本社を置く東京・銀座の「リクルートGINZA8ビル」を不動産大手のヒューリックに売却したことが27日、分かった。売却後もリース契約で入居を続ける。保有資産の効率...

  • 中国吉利とボルボが合併 (2/25)

     【北京共同】中国の自動車大手、浙江吉利控股集団は24日、傘下に持つ吉利汽車と、同じくグループのスウェーデンのボルボ・カーを合併させると発表した。車の電動化やインターネットでつながる「コネクテッドカー...

  • 米下院、200兆円支援案可決へ (2/27)

     【ワシントン共同】米議会下院は26日、新型コロナの感染拡大で打撃を受けた家計や企業を支援する総額1兆9千億ドル(約200兆円)の追加経済対策法案を審議した。27日に可決する見通し。バイデン大統領は3...