ニュース

全日空、長期休職制度を導入 理由不問で最大2年、4月から

2021/1/26 16:10
 全日空のロゴマーク=2020年10月、羽田空港

 全日空のロゴマーク=2020年10月、羽田空港

 全日本空輸が、理由を問わずに最大2年間休職できる「サバティカル休暇制度」を今年4月から導入することが26日、分かった。国内企業では数カ月の導入事例はあるが、年単位の長期取得は珍しい。無給だが、1年以上の場合は補助金として20万円を支給する。2021年春闘が実質的に始まり、先進的な取り組みとして注目を集めそうだ。

 航空業界は新型コロナウイルス流行で国際線の旅客需要が激減し、客室乗務員を中心に大規模な一時帰休が続いている。

 対象はパイロットや客室乗務員、地上職の正社員約1万5千人。休業・休職期間中は会社が社会保険料を負担する。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 京都で国連刑事司法会議が開幕 (3/7)

     新型コロナウイルス禍の中で、国内初の大規模国際会議となる「第14回国連犯罪防止刑事司法会議」(コングレス)が7日、京都市の国立京都国際会館で開会した。予定を1年近く延期した開催となり、来場とオンライ...

  • 米韓、8日から合同軍事演習 (3/7)

     【ソウル共同】韓国軍合同参謀本部は7日、朝鮮半島有事を想定した定例の米韓合同軍事演習を8〜18日に行うと発表した。韓国軍関係者によると、新型コロナウイルス感染が続いていることを理由に、過去に行ってき...

  • 別のワクチン、5月承認も (3/7)

     田村憲久厚生労働相は7日の民放番組で、国内初承認の米ファイザー製に続く別メーカーの新型コロナウイルスワクチンを、早ければ5月にも承認する可能性があると述べた。首都圏1都3県の緊急事態宣言が解除されれ...

  • 金正恩氏、地方重視アピール (3/7)

     【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は7日、朝鮮労働党の市・郡党責任書記を集めて平壌で開かれていた講習会が6日、閉会したと伝えた。金正恩総書記は閉会の辞で「人民が実感できる明確な変化と成果が必要だ」と述...

  • 今月のW杯南米予選を延期 (3/7)

     【ロンドン共同】国際サッカー連盟(FIFA)は6日、各地で新型コロナウイルス対策の規制が強化されていることに伴い、今月予定されていたW杯カタール大会の南米予選を延期すると発表した。ブラジル―アルゼン...