ニュース

コロナ重症化抑制薬の開発権譲渡 塩野義製薬

2021/1/26 20:16

 塩野義製薬は26日、新型コロナウイルス感染症の重症化抑制を目的とした薬のライセンスの一部を米企業に譲渡する契約を結んだと発表した。アレルギー性鼻炎に対する適応取得を目指して開発を進めていたもので、高齢者の免疫機能を改善する効果が期待できるという。

 米バイオエイジ社に欧米での独占的開発・販売権を譲渡した。バイオエイジ社は独自の研究や試験で免疫機能の改善が期待できると判断した。2021年上期に第2相の臨床試験を始め安全性や有効性を確かめるとしている。塩野義はバイオエイジ社の結果を踏まえ日本国内での展開も検討する。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • かんぽに最大1万人出向へ (2/25)

     日本郵政グループが、保険営業に携わる日本郵便の郵便局員らを来年春にかんぽ生命保険へ出向させることが25日分かった。対象は最大1万人規模に上る。2019年に表面化した保険不正販売の再発防止の一環で、営...

  • 米下院、200兆円支援案可決へ (2/27)

     【ワシントン共同】米議会下院は26日、新型コロナの感染拡大で打撃を受けた家計や企業を支援する総額1兆9千億ドル(約200兆円)の追加経済対策法案を審議した。27日に可決する見通し。バイデン大統領は3...

  • 中国吉利とボルボが合併 (2/25)

     【北京共同】中国の自動車大手、浙江吉利控股集団は24日、傘下に持つ吉利汽車と、同じくグループのスウェーデンのボルボ・カーを合併させると発表した。車の電動化やインターネットでつながる「コネクテッドカー...

  • 「ウィーワーク」創業者と和解 (2/27)

     【ニューヨーク共同】ソフトバンクグループ(SBG)は26日(日本時間27日)、米共有オフィス「ウィーワーク」の株式買い取り計画を巡り、創業者ニューマン氏などとの和解を発表した。和解条件は「機密情報」...

  • デジタル税、7月国際合意へ前進 (2/27)

     【ワシントン、ロンドン共同】イエレン米財務長官は26日の20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で、巨大IT企業に対する「デジタル課税」を巡り、トランプ前政権が求めてきた企業寄りの「骨抜き案...