ニュース

沖縄の観光客、6割減少 20年、コロナで大打撃

2021/1/26 20:36

 沖縄県は26日、2020年に同県を訪れた観光客数が、前年に比べ約642万7300人減の約373万6600人だったと発表した。前年比63・2%減少しており、減少数、減少率ともに過去最大となった。県は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、旅行の自粛が広がったことが主な要因と説明している。

 県によると、暦年の観光客数としては、東日本大震災の影響を受けた11年以来9年ぶりに前年比で減少に転じた。国内観光客の減少に加えて、海外からの入国制限措置が導入されたため外国人も大幅に減った。

 県幹部は、21年の見通しに関しても「大変厳しい状況だ」との認識を示した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • リニア談合事件で控訴へ (3/9)

     リニア中央新幹線の駅新設工事を巡る談合事件で、法人として独禁法違反(不当な取引制限)の罪に問われた鹿島は9日、罰金2億5千万円を言い渡した東京地裁の判決を不服として、東京高裁に控訴すると発表した。 ...

  • TOB公表前の取引推奨を認める (3/9)

     ドンキホーテホールディングス(現パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス)に対する株式公開買い付け(TOB)を巡り、公表前に自社株の購入を知人の男性に勧めたとして、金融商品取引法違反(...

  • 孔子廟の公園使用料請求へ (3/9)

     儒教の祖、孔子を祭る孔子廟のために那覇市が公有地を無償提供するのは違憲とした最高裁判決を受け、城間幹子市長は9日の市議会で、施設を所有する一般社団法人「久米崇聖会」に使用料を請求する方針を表明した。...

  • 高校生の9割「被災経験を継承」 (3/9)

     東日本大震災と東京電力福島第1原発事故で甚大な被害に遭った東北3県の高校生の9割近くが「被災経験を継承したい」と考えていることが9日、共同通信のアンケートで分かった。「被害を繰り返さないため」との理...

  • 住宅火災で2人死亡 (3/9)

     9日午前5時55分ごろ、愛媛県伊予市下三谷で住宅が燃えていると付近の住民から119番があった。木造2階建て約140平方メートルが全焼し、焼け跡から2人の遺体が見つかった。 伊予署によると、この家に住...