ニュース

日航、古着燃料で初飛行へ 国内初、来月に羽田―福岡

2021/1/27 10:59

 日本航空が古着を原料とした国産バイオジェット燃料を使った航空機を来月上旬に羽田―福岡線で飛ばすことが27日、分かった。日航などが昨年開発した新燃料で、国内では非化石燃料の製造も初めて。ただ、商業利用にはコストなどの課題が山積しており、1回限りとなる。

 昨年、東京五輪・パラリンピックの開催に合わせてチャーター機で遊覧飛行する予定だったが、五輪延期により初飛行の方法や時期をうかがっていた。

 日航は2018年にプロジェクト「10万着で飛ばそう!JALバイオジェット燃料フライト」を企画。地球環境産業技術研究機構(京都府木津川市)などが技術提供した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

東京五輪の最新記事
一覧

  • 五輪の海外観客、見送る公算大 (3/5)

     東京五輪・パラリンピックで、海外からの一般観客の受け入れを見送る公算が大きくなったことが5日、複数の関係者への取材で分かった。大会組織委員会、政府、東京都、国際オリンピック委員会(IOC)、国際パラ...

  • 柔道GS、阿部詩ら優勝 (3/5)

     柔道のグランドスラム(GS)タシケント大会は5日、ウズベキスタンのタシケントで開幕して男女計5階級が行われ、女子52キロ級で東京五輪代表の阿部詩(日体大)が優勝した。初戦の2回戦から3試合を全て一本...

  • 体操のW杯東京大会中止へ (3/5)

     体操の東京五輪テスト大会を兼ねた個人総合のワールドカップ(W杯)シリーズ東京大会(5月4日・有明体操競技場)について、日本体操協会と国際体操連盟(FIG)が新型コロナウイルス禍を踏まえ、中止する方向...

  • 五輪、武藤氏が再延期「不可能」 (3/5)

     東京五輪・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎事務総長は5日、共同通信のインタビューに応じ、新型コロナ感染症の影響で開催を危ぶむ声も出ている大会について、再延期は「不可能」とし、選択肢にないとの考えを...

  • 競泳男子の萩野「自信持ち臨む」 (3/5)

     競泳男子の萩野公介(ブリヂストン)が5日、東京辰巳国際水泳場で行われた東京都シニア春季公認記録会後にオンラインで取材に応じ、東京五輪代表選考会を兼ねた4月の日本選手権へ「悔いのない準備をして、自信を...