ニュース

困窮者支援団体が実態報告 首相「声聞く」も給付否定

2021/1/27 15:41

 27日の参院予算委員会では、生活困窮者を支援するNPO法人「自立生活サポートセンター・もやい」の大西連理事長が参考人として出席し、新型コロナウイルス感染拡大の影響について実態報告した。現場の意見に耳を傾けるよう求める野党議員に、菅義偉首相は「さまざまな声を聞きたい」と応じたものの、大西氏が求めた国民一律の給付金は重ねて否定した。

 大西氏は昨年3月以降、コロナの影響で雇用や生活に関する相談件数が例年の2倍近くに増えたと紹介。政府が昨年実施した現金10万円の給付は「とても効果がある。多くの家庭が助かるのは間違いない」と述べ、再支給するよう訴えた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 岡山県知事、支援差を疑問視 (2/27)

     岡山県の伊原木隆太知事は27日の全国知事会後の記者会見で、新型コロナウイルス対策に関し、地域によって政府からの支援差が大きいとして疑問を呈した。「(感染対策を)頑張れば頑張るほど支援が少なくなるので...

  • 知事会、ワクチン全体像の明示を (2/27)

     全国知事会は27日、新型コロナウイルス対策本部の会合をオンラインで開き、国への緊急提言案を大筋で了承した。円滑なワクチン接種に向け、時期を明示した接種率の目標や、接種情報を管理する新システムの詳細な...

  • 米下院、200兆円支援案可決へ (2/27)

     【ワシントン共同】米議会下院は26日、新型コロナの感染拡大で打撃を受けた家計や企業を支援する総額1兆9千億ドル(約200兆円)の追加経済対策法案を審議した。27日に可決する見通し。バイデン大統領は3...

  • エクアドル保健相も辞任 (2/27)

     【サンパウロ共同】南米エクアドルのメディアによると、セバジョス保健相が26日辞任した。新型コロナウイルスのワクチンを自らの母親に優先的に接種させたなどとして批判の声が出ていた。中南米ではほかにも、政...

  • 1回接種でも感染抑制の効果 (2/27)

     【ロンドン共同】英ケンブリッジ大の研究チームは26日、新型コロナの米ファイザー製ワクチンを1回接種すれば、無症状感染が最大で75%減るとの調査結果を発表した。症状がある感染者を含めても、ほぼ同様だと...