ニュース

画像検査で子宮体がん進行を予測 福井大、速度や再発可能性

2021/1/27 17:23
 女性ホルモン「エストロゲン」の受容体が腫瘍に多くあり子宮体がんが再発しなかった患者の検査画像(上)とエストロゲンの受容体があまりなく子宮体がんが再発した患者の検査画像(福井大提供)

 女性ホルモン「エストロゲン」の受容体が腫瘍に多くあり子宮体がんが再発しなかった患者の検査画像(上)とエストロゲンの受容体があまりなく子宮体がんが再発した患者の検査画像(福井大提供)

 福井大は27日、正確な判断が難しいとされている子宮体がんの進行スピードや再発の可能性を画像検査で予測する方法を開発したと発表した。手術や、手術後の抗がん剤が必要かどうかを予測でき、患者に最適な治療の選択につながる可能性があるとしている。

 福井大の山田しず佳特命助教は「患者の負担の小さい画像検査で、本当に手術が必要な人を見極めることができる」と説明した。

 研究チームによると、子宮体がんの治療では、転移しやすい骨盤内のリンパ節を切除する手術をすることが多いが、実際には転移しておらず、手術が不要なケースが9割以上あるという。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 東京都160施設でワクチン保管 (2/25)

     東京都は24日、新型コロナウイルスのワクチン接種に向け、ワクチンを保管するディープフリーザー(超低温冷凍庫)など必要な設備を設置して地域の拠点となる「基本型接種施設」を約160カ所確保したと明らかに...

  • 高齢者接種4月12日にずれこみ (2/24)

     菅義偉首相は24日、65歳以上の高齢者への新型コロナウイルスワクチン接種に関し「4月5日の週に発送し、12日から接種する予定だ」と記者団に述べた。数量を限定して全国でスタートし、26日の週から本格化...

  • 国内で新たに921人感染 (2/24)

     国内で24日、新たに921人の新型コロナウイルス感染者が確認された。1日の感染者は2月に入って千人から2千人台で推移し、千人を下回るのは3回目。内訳は東京213人、千葉127人、神奈川93人、大阪6...

  • 米ノババックス製、国内治験開始 (2/24)

     武田薬品工業は24日、米バイオテクノロジー企業ノババックスが開発する新型コロナウイルスワクチンについて、国内での臨床試験(治験)を開始したと発表した。20歳以上の成人200人を対象に、ワクチンを日本...

  • 東京、新たに213人コロナ感染 (2/24)

     東京都は24日、新型コロナウイルスの感染者が新たに213人報告されたと明らかにした。直近7日間で平均した1日当たりでは300人を下回り、294・7人となった。200人台は昨年11月14日以来の水準。...

ニュース アクセスランキング

  • 集計中です