ニュース

60歳以上に優先接種で効果大 ワクチン、死者数分析

2021/1/27 17:48

 新型コロナウイルス感染症のワクチンは、60歳以上の高齢者に優先的に接種すると国全体の死者を減らす大きな効果があるとの分析を、米コロラド大などのチームが27日までにまとめた。ワクチン接種をしない場合と比べ、死者が50〜60%ほど少なくなるケースがあると試算している。

 感染者1人が平均何人にうつすかを示す「基本再生産数」が1・5と高い状況下では、60歳以上に優先接種すると全体の死者が50%程度減るとの結果になった。活動的でウイルスを広げやすいとされる20〜49歳への優先接種では、感染者を減らす効果は大きいが、死者は35%程度の減少にとどまると試算された。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • ワクチン増産ライバル連携 (3/3)

     【ワシントン共同】バイデン米大統領は2日の記者会見で、医薬品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)による新型コロナウイルスのワクチン生産に同業の大手メルクが協力すると発表した。ワクチン生産の拡...

  • 小池都知事ら、宣言解除に慎重 (3/3)

     小池百合子東京都知事と埼玉、千葉両県知事は2日、1都3県で発令中の新型コロナウイルス緊急事態宣言の今週末解除に慎重姿勢を表明した。神奈川県も足並みをそろえる。1都3県で宣言延長を政府に要請する案が浮...

  • 複数機器接続で電力不足 (3/2)

     新型コロナウイルスワクチンを保管していた冷凍庫が温度上昇し故障したとされた問題で、厚生労働省は2日、同一箇所の電源コンセントに二つの機器を接続したことによる電力不足が原因だったと発表した。冷凍庫の故...

  • ワクチン接種の60代女性死亡 (3/2)

     厚生労働省は2日、米製薬大手ファイザー製の新型コロナワクチンを接種した60代女性が、接種から3日後に死亡したと発表した。女性に基礎疾患はなく、死因はくも膜下出血とみられる。現時点で接種との因果関係は...

  • 水際対策強化、13カ国を追加 (3/2)

     政府は2日、新型コロナウイルス変異株の流行が懸念されるイタリアやオーストリアなど計13カ国から帰国する邦人らに対し、水際対策を強化すると発表した。既に英国、南アフリカなどには同様の措置を取っている。...