ニュース

水中ドローンで養殖カキを成育 ドコモと東大、5Gで映像分析

2021/1/27 19:12

 NTTドコモや東京大は27日、高速大容量の第5世代(5G)移動通信システムで水中ドローンの映像を分析し、養殖カキを効率的に育てる実証実験を共同で始めたと発表した。カキや海底の堆積物の状況を瞬時に把握し、有害生物の付着や水質悪化による被害を抑える。カキの生産量増加と漁業関係者の負担軽減につなげる。

 カキの養殖が盛んな広島県江田島市で約3週間実施する。3台の水中ドローンを5Gで遠隔操作し、撮影した海中の映像も送信する。センサーで測った水温や塩分濃度、溶存酸素のデータも活用する。将来は成育に適した水域にカキを速やかに移動できるようにする。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • テルモ「7回接種」注射器生産へ (3/9)

     大手医療機器メーカーのテルモが、米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンを巡り、1瓶で7回接種できる特殊な注射器を開発し、近く生産を開始することが9日、分かった。厚生労働省が5日に製造・販売を承認...

  • 為替相場   9日(日本時間12時) (3/9)

    12時現在           1ドル=             109円20銭〜          109円21銭    前日比  −0円70銭   1ユーロ=            129円45銭...

  • かんぽに最大1万人出向へ (2/25)

     日本郵政グループが、保険営業に携わる日本郵便の郵便局員らを来年春にかんぽ生命保険へ出向させることが25日分かった。対象は最大1万人規模に上る。2019年に表面化した保険不正販売の再発防止の一環で、営...

  • 東証、午前終値は2万8800円 (3/9)

     9日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は、前日終値を挟んで不安定な値動きで推移した。円安ドル高の進行を好感した買い注文が入り、上げ幅は一時100円を超えた。ただ実質国内総生産(GDP)改定...

  • 東京株式  9日午前終値    (3/9)

    <225種>          28800円81銭      前日比  +57円56銭  <TOPIX>         1905.10        前日比 +11.52