ニュース

犯罪被害者に支援進まず 19年度見舞金ゼロ126自治体

2021/1/27 19:40

 犯罪で被害者が死傷した際、見舞金を支給する制度を犯罪被害者等支援条例などで定めている全国約300の自治体のうち、2019年度に制度を一度も活用せず、支給がなかった自治体が、少なくとも126あることが27日、奈良弁護士会の調査で分かった。回答した165自治体の7割超に当たる。うち59自治体では17〜19年度にわたり全く支給がなかった。

 被害者保護の観点から、国の犯罪被害給付制度に加え条例の制定が各地で進む一方、制度が十分に活用されていない実態が浮かび上がった。調査した北條正崇弁護士は「身近な自治体の支援を必要とする被害者は多い。広報の強化が重要だ」と話す。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 鹿島元営業部長に国税が強制調査 (3/1)

     東日本大震災の復興事業に絡み、福島県で除染や建物解体などを受注した大手ゼネコン「鹿島」の東北支店元営業部長が、下請け業者から多額の金銭を受け取りながら税務申告していなかったとして、仙台国税局が所得税...

  • 妻の転落時、ベランダに夫か (3/1)

     東京都国立市の都営アパート9階から妻を突き落としたとして、殺人容疑で会社員高張潤容疑者(44)が逮捕された事件で、事件当日の午後8時ごろにベランダから転落する妻麻夏さん(41)と、何者かがベランダに...

  • 給付金詐欺容疑で再逮捕 (3/1)

     新型コロナ対策の持続化給付金を詐取したとして、大阪府警は1日、詐欺の疑いで、大阪市北区、自営業平川誠容疑者(43)や妻の明希容疑者(33)ら男女4人を再逮捕した。平川容疑者は「身に覚えがない」と容疑...

  • 不正入試「違法な性差別」と主張 (3/1)

     川崎市の聖マリアンナ医科大の入学試験で、女性であることを理由に不当に減点され精神的苦痛を受けたとして、元受験生の女性4人が大学に計約1680万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が1日、東京地裁...

  • 栃木山火事、鎮圧に向け消火再開 (3/1)

     栃木県足利市の両崖山(251メートル)一帯で起きた山林火災で、地元消防などが1日、消火活動を再開した。発生9日目。市によると、延焼はほぼ収まっており、同日中に鎮圧する見通し。 山林火災は2月21日に...