ニュース

不妊治療実績開示求める、厚労省 医療機関に公費助成の条件

2021/1/27 19:44
 不妊治療を実施する医療機関に開示を求める主な項目

 不妊治療を実施する医療機関に開示を求める主な項目

 厚生労働省は27日、不妊治療費の公費助成の条件として、治療実績や費用などの情報を開示している医療機関での実施を求める方針を決めた。政府は不妊治療への支援策を少子化対策の柱として位置付けているが、情報公開の基準がなく、実態が不透明だった。利用者が医療機関を比較しやすくする狙い。

 医療機関からの報告を都道府県が集約し、ホームページで公開する。項目は治療実績や費用のほか、専門医の数や年間の治療件数など、医療機関を選ぶ際の判断材料となるような情報。近く厚労省が、都道府県に通知する助成制度の新たな実施要綱で示す。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 高齢者向けワクチン、6月中配送 (2/26)

     河野太郎行政改革担当相は26日の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンを巡り、高齢者3600万人が2回接種できる量について、全国の自治体への配送を6月中に完了できると明らかにした。接種が終了する時期...

  • 米当局が零下20度の保管容認 (2/26)

     【ワシントン共同】米食品医薬品局(FDA)は25日、米製薬大手ファイザーの新型コロナワクチンを零下15〜25度の一般的な医療用冷凍庫で最大2週間、保管することを認めると発表した。これまで零下60〜8...

  • 2回接種で91%に抗体確認 (2/26)

     【ロンドン共同】英大学インペリアル・カレッジ・ロンドンの研究チームは25日、新型コロナウイルスのファイザー製ワクチンを2回接種した人のうち、約91%に抗体が確認されたと発表した。80歳以上の人に限る...

  • EU、ワクチン供給で企業に圧力 (2/26)

     【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)は25日、首脳会議を開き、新型コロナウイルス問題を集中協議した。製薬会社からのワクチン供給が契約より大幅に削減された問題について、加盟27カ国首脳は協議後の声明で...

  • 高齢者施設の感染80%減 (2/26)

     【ニューヨーク共同】米紙ニューヨーク・タイムズ電子版は25日、高齢者施設の入所者らに対する新型コロナウイルスのワクチン接種が始まった昨年12月中旬と比べ、全米の施設での新規感染が今月上旬時点で80%...