ニュース

3月の大相撲春場所は東京開催か コロナ禍、協会理事会で協議

2021/1/27 21:51

 大阪市浪速区のエディオンアリーナ大阪での実施を目指してきた3月14日初日の大相撲春場所について、新型コロナウイルス感染状況により、東京都墨田区の両国国技館で開催される可能性が高まっていることが27日、日本相撲協会関係者の話で分かった。地方場所は昨年3月の春場所を最後に途絶えている。相撲協会は28日に国技館で定例理事会を開き、春場所の運営方式を協議する。

 これまで感染症の専門家が大阪市の会場などを視察し、感染対策について準備を進めてきた。緊急事態宣言が期限の2月7日で解除されるか否かが不透明な点、宿舎の分散による医療体制の確保が懸念されているという。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 高齢者接種券は段階送付を (3/2)

     河野太郎行政改革担当相は2日の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンを65歳以上の高齢者に接種する際に必要な接種券について、自治体が段階的に送付するのが望ましいとの考えを示した。「いきなり全ての高齢...

  • ワクチン端末を契約、3月配布 (3/2)

     平井卓也デジタル改革担当相は2日の閣議後記者会見で、新型コロナウイルスのワクチン接種会場で接種券の読み取りに使う端末4万1千台を48億円で契約したと発表した。初期設定を済ませて3月中に全国の会場に届...

  • 日生、ワクチン接種時は勤務免除 (3/2)

     生命保険最大手の日本生命保険が、社員の新型コロナウイルスワクチンの接種を後押しするため、就業時間中に接種する場合でも、賃金が減らない「勤務免除」とする方針を固めたことが2日、分かった。国内企業でこう...

  • 居住地外でワクチン接種へ、岡山 (3/2)

     岡山県が、新型コロナウイルスワクチンの住民接種について、居住地以外の県内の自治体でも受けられるように共同接種体制の整備を進めていることが2日、県への取材で分かった。医療体制の整っていない自治体を支援...

  • 厚労相「知事の声を重視」 (3/2)

     田村憲久厚生労働相は2日の記者会見で、首都圏で発令中の新型コロナウイルス緊急事態宣言の解除を巡り、慎重姿勢を見せている千葉県や埼玉県の知事の意見を重視する考えを示した。「(感染者が)減らないと大変だ...