ニュース

一風堂、シフト未定分は補償せず 時短によるバイト休業手当

2021/1/27 22:14

 博多ラーメン店「一風堂」のアルバイト従業員が、緊急事態宣言を受けた営業時間短縮に伴う休業手当を求めている問題で、運営会社が従業員の加入する労働組合に対し、勤務シフトが確定していない分の手当は支払わないと通知したことが27日、分かった。

 政府は企業が従業員に支払った手当を補填する雇用調整助成金が「シフト制の非正規も対象となる」と強調、企業に手当支給を直接促すなど働き掛けを強化する方針だ。

 一風堂は宣言を受け時短を実施。横浜市内の店舗に勤める従業員は店長から、既にシフトが確定していた1月前半分の手当は支払うが、同後半は対象外と伝えられていた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 災害時の障害者支援不十分80% (3/6)

     東日本大震災から10年となるのを前に、共同通信が全国の障害者を対象に行ったアンケートで、災害時の国、自治体の支援が「不十分」「どちらかといえば不十分」と感じている人が計80%に上ることが6日、分かっ...

  • ローマ教皇、イラクで宗教対話 (3/6)

     【ウル共同】イラク訪問中のローマ教皇フランシスコは6日、中部ナジャフでイラクのイスラム教シーア派最高権威シスタニ師を表敬訪問した。イスラム教、キリスト教、ユダヤ教の始祖アブラハムゆかりの地とされる南...

  • 樟南高、部員に体罰は元プロ選手 (3/6)

     鹿児島市の私立樟南高は6日、野球部員への体罰で日本学生野球協会から4カ月の謹慎とされた野球部副部長が、プロ野球ロッテ元選手で同校OBの青野毅氏(38)と発表した。部員の脇腹をたたいていたことなど体罰...

  • JRA騎手ら163人不適切受給 (3/6)

     日本中央競馬会(JRA)の調教師や調教助手が新型コロナウイルスの影響を受けていないのに国の持続化給付金を不正受給した疑いがある問題で、JRAは6日、調査結果を公表し、騎手13人を含む163人が不適切...

  • 長野火災、遺体は住人女性 (3/6)

     長野県警は6日、同県安曇野市の張新月さん(58)方で5日に起きた住宅火災で、室内から見つかった遺体が妻明亜さん(56)と判明したと発表した。死因は焼死という。捜査関係者によると、現場から複数の血痕が...