ニュース

除雪機の誤使用にご注意 死亡事故、10年で19件

2021/1/28 12:03
 安全装置「デッドマンクラッチ」をテープでハンドルに固定した除雪機の誤使用例(製品評価技術基盤機構提供)

 安全装置「デッドマンクラッチ」をテープでハンドルに固定した除雪機の誤使用例(製品評価技術基盤機構提供)

 製品評価技術基盤機構(NITE)は28日、豪雪地帯を中心に、除雪機の誤使用などによる死亡事故が2010年4月から10年間で19件に上ったと明らかにした。安全装置を無効にしていたケースや、雪詰まりの除去作業でけがをする事故が多いとして、注意を呼び掛けた。

 NITEによると、安全装置「デッドマンクラッチ」をハンドルと一緒に握るタイプの除雪機では、クラッチをテープなどで固定していたために、転倒時、除雪機が停止せず、下敷きになる事故があった。エンジンを切らずに内部の雪詰まりを除こうとして、回転刃に手を巻き込まれたケースも多く「雪かき棒を使用するように」と求めた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 関千枝子さんが死去 (2/27)

     広島の被爆者でノンフィクションライターの関千枝子(せき・ちえこ)さんが21日、出血性胃潰瘍のため東京都品川区の自宅で死去した。88歳。大阪府出身。葬儀・告別式は近親者のみで行う。喪主は長男誠(まこと...

  • 群馬・桐生の山林火災は鎮圧 (2/27)

     群馬県桐生市は27日、同市黒保根町で25日に発生し、延焼を続けていた山林火災が鎮圧状態になったと発表した。下草などに火種が残っている可能性があり、28日も陸上自衛隊のヘリコプターと消防が消火活動を行...

  • 山火事、悪条件で散水追い付かず (2/27)

     栃木県足利市の両崖山(251m)一帯で起きた山林火災は28日、発生から1週間を迎える。ヘリコプターによる消火活動は急拡大する延焼のスピードに散水が追い付かずに長期化。季節特有の乾燥と強風という気象条...

  • 福岡の遺体は9歳男児 (2/27)

     福岡、鹿児島両県で子ども3人の遺体が見つかった事件で、福岡県警は27日、同県飯塚市の集合住宅で発見された遺体の身元が住人の小学3年田中大翔君(9)と判明したと発表した。死後1週間程度経過し、目立った...

  • ベビーカー乳児転落し重傷、大津 (2/27)

     JR西日本は27日、大津市木戸のJR湖西線志賀駅で、男性駅員が乳児を乗せたままベビーカーを持って階段を下っていたところ、乳児が転落して頭部を骨折するなどしたと発表した。乳児は一時入院したが、既に退院...