ニュース

昭和電工、アルミ事業の一部売却 米ファンドへ500億円

2021/1/28 12:37

 化学大手の昭和電工は28日、アルミニウム事業の一部を米投資ファンドのアポロ・グローバル・マネジメントに売却すると発表した。売却額は約500億円。昭和電工は昨年、約9600億円を投じて日立化成を買収しており、財務健全化のため2千億円規模の事業売却を進める方針を掲げていた。今回の売却はその一環となる。

 アルミ事業のうち、飲料缶事業と電子部品に使う圧延品事業を今年8月までに譲渡する基本契約をアポロと28日結んだ。自動車部品などの機能部材は残す。

 圧延品は中国などで市場の拡大が見込まれるが、コスト競争力を維持するための投資負担が大きいと判断した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場   9日(日本時間 7時) (3/9)

     7時現在           1ドル=             108円85銭〜          108円94銭    前日比  −0円35銭   1ユーロ=            128円95銭...

  • 英金融サービス企業が破綻 (3/9)

     【ロンドン共同】英金融サービス企業グリーンシル・キャピタルが裁判所に会社管理手続きを申し立て、経営破綻したことが8日分かった。資金調達が難しくなり経営状態が悪化していたようだ。グリーンシルにはソフト...

  • NY株式   8日終値     (3/9)

    <ダウ工業30種平均>      31802.44       前日比 +306.14  

  • NY株続伸、306ドル高 (3/9)

     【ニューヨーク共同】週明け8日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続伸し、前週末比306・14ドル高の3万1802・44ドルで取引を終えた。米議会上院が巨額の追加経済対策法案を可決し、景気...

  • かんぽに最大1万人出向へ (2/25)

     日本郵政グループが、保険営業に携わる日本郵便の郵便局員らを来年春にかんぽ生命保険へ出向させることが25日分かった。対象は最大1万人規模に上る。2019年に表面化した保険不正販売の再発防止の一環で、営...