ニュース

開かずの踏切、対策期限を撤廃 道の駅、災害対応拠点に

2021/1/29 10:53

 政府は29日、長時間待つ「開かずの踏切」の解消に向け、踏切道改良促進法などの改正案を閣議決定した。自治体や鉄道会社が対策を行う期限を撤廃、中長期の取り組みを促す。大災害に備え、道の駅を応急対策の拠点として活用しやすくする仕組みも整える。

 国土交通省は、開かずの踏切、遮断機や警報器がなく事故が多い踏切を対象に自治体などに改良を求めている。5年以内の対策完了か改良計画策定が必要だったが期限を撤廃する。

 道の駅は駐車場が整備されており救助や復旧の拠点に向いている。国交省は「防災拠点自動車駐車場」に指定する制度を設け、災害時に一般車両の立ち入りを禁止、制限する。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 性犯罪者届け出義務違反か (3/1)

     女児への強制わいせつなどの罪で起訴された大阪府の無職男が、性犯罪の前科があるのに住所などの届け出を知事にせず、府の「子どもを性犯罪から守る条例」違反の疑いがあることが1日、府警への取材で分かった。こ...

  • 震災移転跡地27%用途決まらず (3/1)

     東日本大震災後、岩手、宮城、福島3県の市町村が高台などに集団移転する住民から買い取った跡地のうち、少なくとも27%に当たる計568ヘクタールの用途が決まっていないことが1日、共同通信のアンケートで分...

  • 両陛下、震災復興で進講受ける (3/1)

     天皇、皇后両陛下は1日、住まいの赤坂御所で、復興庁の由木文彦事務次官らから、発生から10年を迎える東日本大震災の被災地復興状況に関する進講を受けられた。宮内庁は同日、天皇陛下がオンラインで岩手県を見...

  • 飯塚市、見守り必要な家庭と認識 (3/1)

     福岡、鹿児島両県できょうだい3人の遺体が見つかった事件で、3人が両親と暮らしていた福岡県飯塚市の片峯誠市長らが1日、記者会見し、一家は「見守りが必要な家庭」との認識があり、職員らが親と接触を続けてい...

  • 日本に危険行為やめろと中国 (3/1)

     【北京共同】中国外務省の汪文斌副報道局長は1日の記者会見で、外国公船が沖縄県・尖閣諸島への上陸を強行すれば、武器使用により相手の抵抗を抑える「危害射撃」が可能になる場合があるとの見解を日本政府が示し...