ニュース

20年の鉱工業生産、10%低下 新型コロナで大幅悪化

2021/1/29 10:53

 経済産業省が29日発表した2020年の鉱工業生産指数速報(15年=100)は前年より10・1%低い90・9だった。年間の指数の低下は2年連続。新型コロナウイルス感染拡大を受けて20年春に実施した緊急事態宣言などの影響で大幅に悪化し、現行基準で比較可能な13年以降で最も低い水準となった。

 同時に発表した20年12月の生産指数速報値(季節調整済み)は前月より1・6%低い93・2だった。低下は2カ月連続。基調判断は前月の「生産は持ち直している」を据え置いた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 東京円、一時109円台 (3/9)

     9日午前の東京外国為替市場の円相場は対ドルで下落し、一時1ドル=109円台を付けた。昨年6月以来、約9カ月ぶりの円安ドル高水準。 午前10時現在は前日比58銭円安ドル高の1ドル=109円08〜09銭...

  • 東京株式  9日10時30分  (3/9)

    <225種>          28761円06銭      前日比  +17円81銭  <TOPIX>         1903.66        前日比 +10.08    

  • 為替相場   9日(日本時間10時30分) (3/9)

    10時30分現在        1ドル=             109円11銭〜          109円12銭    前日比  −0円61銭   1ユーロ=            129円17銭...

  • 1月の消費支出6・1%減 (3/9)

     総務省が9日発表した1月の2人以上世帯の家計調査によると、1世帯当たりの消費支出は26万7760円で、物価変動を除く実質で前年同月比6・1%減となった。減少は2カ月連続。新型コロナウイルス感染急増に...

  • GDP年率11・7%増 (3/9)

     内閣府が9日発表した2020年10〜12月期の国内総生産(GDP)の改定値は、物価変動を除く実質で前期比2・8%増、年率換算で11・7%増だった。速報値の年率12・7%増から下方修正となった。プラス...