ニュース

日本年金機構に是正勧告 三六協定を超える時間外労働

2021/1/29 12:07
 日本年金機構本部=2015年、東京都杉並区

 日本年金機構本部=2015年、東京都杉並区

 日本年金機構(東京)が職員に労使協定(三六協定)を超える時間外労働をさせたとして、新宿労働基準監督署(同)が是正勧告をしていたことが29日、機構への取材で分かった。昨春の緊急事態宣言を受け、在宅と出勤を組み合わせた勤務シフトにしたことで業務が滞り、長時間労働になったという。

 機構によると、是正勧告は昨年12月10日付。昨春、本部の職員2人が、時間外労働を月80時間未満と定めた三六協定を超えて働いていた。

 労働時間は自己申告制で、機構は申告とパソコンの使用履歴を照合して把握していたが、2人は申告時に使ったのとは別のパソコンで作業をするなどしていた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 全日空、100万人分の情報流出 (3/6)

     全日本空輸は6日までに、「ANAマイレージクラブ」プレミアム会員のアルファベット表記の氏名や会員番号など約100万人分の情報が流出したと発表した。クレジットカード情報やパスワード、パスポート番号、住...

  • 脳性まひの女性を殺害疑い (3/6)

     脳性まひの女性を刃物で刺して殺害したとして、警視庁荏原署は5日、殺人容疑で、女性の介護をしていた介護福祉士片山功一容疑者(52)=東京都大田区=を逮捕した。「交際関係にあった」と供述し、容疑を認めて...

  • 交番襲撃2人殺害元自衛官に無期 (3/5)

     富山市の交番で2018年、警察官を刺殺し、奪った拳銃で警備員を射殺したとして強盗殺人や殺人罪などに問われた元陸上自衛官島津慧大被告(24)の裁判員裁判で、富山地裁は5日、「拳銃強奪の意思は警察官殺害...

  • 「避難指示遅れ被ばく」と提訴 (3/5)

     東京電力福島第1原発事故で被ばくしたのは避難指示の遅れが原因などとして、福島県飯舘村から県内に避難した12〜89歳の男女29人が5日、国と東電に計2億円余りの損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした...

  • 親族の相談、児相が町と共有せず (3/5)

     福岡県篠栗町で5歳だった男児が餓死した事件で、保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕された碇利恵容疑者(39)の親族が福岡児童相談所(春日市)に生存確認などを複数回訴えた相談を、児相が町に一度も伝えていなか...