ニュース

保護司の人材確保を法務省に勧告 総務省、後進育成も求める

2021/1/29 11:10

 総務省行政評価局は29日、刑務所を仮出所した人や保護観察中の少年らの立ち直りを支援する保護司が減少を続けているとして、人材確保を支援するよう法務省に勧告した。経験不足の保護司が早期に退任する例もあり、後進育成を徹底することも求めた。

 保護司は民間のボランティアで、定期的な面接のほか住居確保や就労の支援などを担う。交通費などの活動経費は支給されるが給与はない。法務省によると、今年1月1日時点で全国4万6358人が活動。全体の約8割を60歳以上が占め、退任者が新任者を上回る状態が続いている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 関千枝子さんが死去 (2/27)

     広島の被爆者でノンフィクションライターの関千枝子(せき・ちえこ)さんが21日、出血性胃潰瘍のため東京都品川区の自宅で死去した。88歳。大阪府出身。葬儀・告別式は近親者のみで行う。喪主は長男誠(まこと...

  • 群馬・桐生の山林火災は鎮圧 (2/27)

     群馬県桐生市は27日、同市黒保根町で25日に発生し、延焼を続けていた山林火災が鎮圧状態になったと発表した。下草などに火種が残っている可能性があり、28日も陸上自衛隊のヘリコプターと消防が消火活動を行...

  • 山火事、悪条件で散水追い付かず (2/27)

     栃木県足利市の両崖山(251m)一帯で起きた山林火災は28日、発生から1週間を迎える。ヘリコプターによる消火活動は急拡大する延焼のスピードに散水が追い付かずに長期化。季節特有の乾燥と強風という気象条...

  • 福岡の遺体は9歳男児 (2/27)

     福岡、鹿児島両県で子ども3人の遺体が見つかった事件で、福岡県警は27日、同県飯塚市の集合住宅で発見された遺体の身元が住人の小学3年田中大翔君(9)と判明したと発表した。死後1週間程度経過し、目立った...

  • ベビーカー乳児転落し重傷、大津 (2/27)

     JR西日本は27日、大津市木戸のJR湖西線志賀駅で、男性駅員が乳児を乗せたままベビーカーを持って階段を下っていたところ、乳児が転落して頭部を骨折するなどしたと発表した。乳児は一時入院したが、既に退院...