ニュース

日本国際賞に豪米の3氏 太陽光発電、がん解明

2021/1/29 13:32
 オーストラリア・ニューサウスウェールズ大のマーティン・グリーン教授

 オーストラリア・ニューサウスウェールズ大のマーティン・グリーン教授

 国際科学技術財団は29日、優れた科学技術の成果が対象の日本国際賞を、今年は太陽光発電の大幅な効率向上を実現したオーストラリア・ニューサウスウェールズ大のマーティン・グリーン教授(72)と、がんの発生の仕組みを解明した米国の2人の研究者に贈ると発表した。

 グリーン教授は、結晶シリコンを使った太陽光発電装置で発電ロスを防ぐ技術を1980年代から次々と開発。約17%で頭打ちだったエネルギー変換効率を約25%まで引き上げた。

 米ジョンズ・ホプキンズ大のバート・フォーゲルシュタイン教授(71)ら2人は、複数の遺伝子異常の蓄積でがんが生じることを解明した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • ワクチン増産ライバル連携 (3/3)

     【ワシントン共同】バイデン米大統領は2日の記者会見で、医薬品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)による新型コロナウイルスのワクチン生産に同業の大手メルクが協力すると発表した。ワクチン生産の拡...

  • 複数機器接続で電力不足 (3/2)

     新型コロナウイルスワクチンを保管していた冷凍庫が温度上昇し故障したとされた問題で、厚生労働省は2日、同一箇所の電源コンセントに二つの機器を接続したことによる電力不足が原因だったと発表した。冷凍庫の故...

  • ワクチン接種の60代女性死亡 (3/2)

     厚生労働省は2日、米製薬大手ファイザー製の新型コロナワクチンを接種した60代女性が、接種から3日後に死亡したと発表した。女性に基礎疾患はなく、死因はくも膜下出血とみられる。現時点で接種との因果関係は...

  • 水際対策強化、13カ国を追加 (3/2)

     政府は2日、新型コロナウイルス変異株の流行が懸念されるイタリアやオーストリアなど計13カ国から帰国する邦人らに対し、水際対策を強化すると発表した。既に英国、南アフリカなどには同様の措置を取っている。...

  • 国内のコロナ死者、累計8千人に (3/2)

     国内で2日、新たに888人の新型コロナウイルス感染者が確認された。死者は65人が報告され、累計で8千人を超え8026人となった。 新規感染者数が千人を下回るのは3日連続。内訳は東京232人、埼玉10...