ニュース

東京都の予算案7・4兆円 コロナ回復へ大型編成

2021/1/29 17:38

 東京都は29日、一般会計を7兆4250億円とする2021年度当初予算案を発表した。前年度比1・0%増で、過去最大だった19年度(7兆4610億円)に次ぐ大型編成となる。新型コロナウイルス感染拡大からの経済回復や住民生活の立て直しに向けた支援策に重点配分する。

 歳入は、都税が7・3%減の5兆450億円となる。企業収益の悪化により法人2税(事業税・住民税)は20・1%減の1兆4388億円で、リーマン・ショック後の10年度(29・4%減)以来の減少幅。減収分を補うため、借金である都債を5876億円分発行する。貯金に当たる基金を8290億円取り崩す。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 東京株式  2日午前終値    (3/2)

    <225種>          29554円75銭      前日比 −108円75銭  <TOPIX>         1893.41        前日比 −09.07    

  • 為替相場   2日(日本時間11時30分) (3/2)

    11時30分現在        1ドル=             106円82銭〜          106円83銭    前日比  −0円23銭   1ユーロ=            128円55銭...

  • ワクチン端末を契約、3月配布 (3/2)

     平井卓也デジタル改革担当相は2日の閣議後記者会見で、新型コロナウイルスのワクチン接種会場で接種券の読み取りに使う端末4万1千台を48億円で契約したと発表した。初期設定を済ませて3月中に全国の会場に届...

  • かんぽに最大1万人出向へ (2/25)

     日本郵政グループが、保険営業に携わる日本郵便の郵便局員らを来年春にかんぽ生命保険へ出向させることが25日分かった。対象は最大1万人規模に上る。2019年に表面化した保険不正販売の再発防止の一環で、営...

  • 日生、ワクチン接種時は勤務免除 (3/2)

     生命保険最大手の日本生命保険が、社員の新型コロナウイルスワクチンの接種を後押しするため、就業時間中に接種する場合でも、賃金が減らない「勤務免除」とする方針を固めたことが2日、分かった。国内企業でこう...