ニュース

テレワークで出勤者65%減 経団連調査、宣言再発令後

2021/1/29 17:47

 経団連は29日、今月に緊急事態宣言が再発令されて以降のテレワークの実施状況調査を公表した。テレワークが困難な「エッセンシャルワーカー」と呼ばれる従業員などを除き、宣言対象の11都府県で削減できた出勤者数は約135万人のうち、約65%に当たる約87万人に上った。政府から要請された「出勤者数7割以上削減」を達成した企業は約37%を占めた。

 調査は15〜22日に実施し、約500社から回答を得た。出勤者数を7割以上減らした企業の割合は約37%で、5割以上7割未満が約27%、3割以上5割未満が約18%、3割未満が約17%だった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場   5日(日本時間 7時) (3/5)

     7時現在           1ドル=             107円93銭〜          107円97銭    前日比  −0円78銭   1ユーロ=            129円13銭...

  • NY株続落、345ドル安 (3/5)

     【ニューヨーク共同】4日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は3日続落し、前日比345・95ドル安の3万0924・14ドルで取引を終えた。米長期金利上昇への警戒感が強まった。ハイテク株主体の...

  • NY株式   4日終値     (3/5)

    <ダウ工業30種平均>      30924.14       前日比 −345.95  

  • かんぽに最大1万人出向へ (2/25)

     日本郵政グループが、保険営業に携わる日本郵便の郵便局員らを来年春にかんぽ生命保険へ出向させることが25日分かった。対象は最大1万人規模に上る。2019年に表面化した保険不正販売の再発防止の一環で、営...

  • 産油国、減産を小幅緩和 (3/5)

     【ロンドン共同】石油輸出国機構(OPEC)加盟・非加盟の産油国による連合体「OPECプラス」は4日、オンライン閣僚級会合を開き、原油協調減産を4月に小幅に緩和することを決めた。3月に日量705万バレ...