ニュース

国公立2次試験、倍率は0・6倍 中間集計、コロナ影響か

2021/1/29 17:46

 文部科学省は29日、国公立大の2次試験志願状況の中間集計を発表した。同日午前10時現在の志願者数は、昨年の中間集計時点より3万280人少ない5万5473人で、募集人員に対する倍率は0・6倍だった。出願は2月5日まで。

 文科省によると、過去10年の中間集計の倍率は1倍弱で推移しており、新型コロナウイルスなどの影響で、受験生が例年より出願先を慎重に選んでいる可能性がある。

 志願者は、国立大(82大学392学部)が4万1882人、公立大(90大学202学部)が1万3591人。独自日程で試験を実施する国際教養大(秋田県)と新潟県立大は含んでいない。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

暮らし・話題の最新記事
一覧

  • 9個のリンゴ「ふじ」はどれ? (2/27)

     どれが「ふじ」か分かるかな? 青森県観光企画課のツイッターアカウントが投稿した、9個のリンゴの中から県産の「ふじ」を選ぶ画像が話題を集めている。ネット閲覧者がロボットではないと確認、認証するシステム...

  • 改正特措法に基づき初の文書要請 (2/26)

     東京都は26日、新型コロナウイルスの緊急事態宣言下で午後8時までの営業時間の短縮要請に応じていない都内の飲食店など34店舗に対し、書面で改めて時短営業を要請した。神奈川県も同様に県内の42店舗に時短...

  • 夜の水戸・偕楽園、新たな表情 (2/26)

     日本三名園の一つ、水戸市の偕楽園の梅まつりに合わせた展覧会「チームラボ偕楽園光の祭」の内覧会が26日、開かれた。1500本の梅の木を使い、人が近くを通ると梅が強く照らされて音色が響くなど幻想的な8作...

  • 6府県、イベントや時短段階緩和 (2/26)

     2月末に緊急事態宣言が解除される6府県では、イベント開催や飲食店の営業時間などの制限が段階的に緩和される。当面は約1カ月の経過措置として、これまで5千人だったイベントの人数上限を最大1万人まで拡大。...

  • 東京都、7カ月連続で人口流出 (2/25)

     総務省が25日公表した1月の人口移動報告(外国人含む)によると、新型コロナの感染状況が厳しい東京都は、転出者が転入者を1490人上回り、人口流出に当たる「転出超過」となった。転出超過は昨年7月から7...