ニュース

学生開発の超小型衛星、宇宙へ 大阪府立大と室蘭工大、2月に

2021/1/29 19:33
 超小型人工衛星「ひろがり」(右の模型)について記者会見する大阪府立大の仲瀬寛輝さん=29日午後、大阪市

 超小型人工衛星「ひろがり」(右の模型)について記者会見する大阪府立大の仲瀬寛輝さん=29日午後、大阪市

 大阪府立大と室蘭工業大は29日、超小型人工衛星を学生が中心となって開発し、2月21日に米国から民間ロケットで打ち上げられる見通しになったと発表した。上空400キロを飛行する国際宇宙ステーションに届いた後、宇宙に放出される。

 衛星は縦横10センチ、高さ20センチで「ひろがり」と命名した。約4カ月間運用し、地球との間で高速データ通信を行う。また、小さく折り畳んで搭載した厚さ2ミリの板を宇宙空間で展開させる初めての実験も実施。将来は大きな太陽光パネルを畳んだ状態で衛星に入れて打ち上げ、宇宙に出てから広げて電力を賄う技術につなげたい考えだ。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 複数機器接続で電力不足 (3/2)

     新型コロナウイルスワクチンを保管していた冷凍庫が温度上昇し故障したとされた問題で、厚生労働省は2日、同一箇所の電源コンセントに二つの機器を接続したことによる電力不足が原因だったと発表した。冷凍庫の故...

  • ワクチン接種の60代女性死亡 (3/2)

     厚生労働省は2日、米製薬大手ファイザー製の新型コロナワクチンを接種した60代女性が、接種から3日後に死亡したと発表した。女性に基礎疾患はなく、死因はくも膜下出血とみられる。現時点で接種との因果関係は...

  • 水際対策強化、13カ国を追加 (3/2)

     政府は2日、新型コロナウイルス変異株の流行が懸念されるイタリアやオーストリアなど計13カ国から帰国する邦人らに対し、水際対策を強化すると発表した。既に英国、南アフリカなどには同様の措置を取っている。...

  • 国内のコロナ死者、累計8千人に (3/2)

     国内で2日、新たに888人の新型コロナウイルス感染者が確認された。死者は65人が報告され、累計で8千人を超え8026人となった。 新規感染者数が千人を下回るのは3日連続。内訳は東京232人、埼玉10...

  • モデルナ、5日にも承認申請 (3/2)

     米バイオテクノロジー企業モデルナと武田薬品工業が、5日にもモデルナが開発した新型コロナウイルスワクチンの承認を厚生労働省に申請することが2日、分かった。複数の関係者が明らかにした。国内での承認申請は...