ニュース

東京50代女性から変異ウイルス 英国滞在歴なし、検疫でも2人

2021/1/29 20:47

 厚生労働省は29日、英国滞在歴のない東京都の50代女性から、英国で広がっている変異した新型コロナウイルスを検出したと発表した。女性は都内の医療機関に入院しており、不特定多数との接触はないという。

 女性は、既に感染が判明している東京都の50代男性の濃厚接触者。男性も英国への滞在歴はなく、現在ウイルスが変異していないかどうか詳しい解析をしている。

 このほか、羽田空港に到着した20代女性と、成田空港に到着した50代男性からも英国由来の変異ウイルスを検出。男性はアラブ首長国連邦に滞在、女性は英国に滞在していた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 別のワクチン、5月承認も (3/7)

     田村憲久厚生労働相は7日の民放番組で、国内初承認の米ファイザー製に続く別メーカーの新型コロナウイルスワクチンを、早ければ5月にも承認する可能性があると述べた。首都圏1都3県の緊急事態宣言が解除されれ...

  • 接種でアナフィラキシー2例目 (3/7)

     厚生労働省は6日、新型コロナウイルスワクチンを接種した20代の女性が、血圧低下や息苦しさなどのアナフィラキシーの症状を起こしたと発表した。国内では約4万6千人にワクチンが接種され、発生は2例目。投薬...

  • 火星探査車が走行試験に成功 (3/6)

     米航空宇宙局(NASA)は6日、火星に着陸した探査車パーシビアランスが初の走行試験に成功したと発表した。探査車のタイヤの跡が残っている画像も公開した。 NASAによると、試験は米時間の4日、探査車の...

  • コロナ感染、18県で拡大傾向 (3/6)

     厚生労働省が6日までに発表した全国の新型コロナウイルス感染状況の指標によると、1週間の新規感染者数の前週比は18県で1以上となった。12県だった前週から拡大傾向にあり、注視する必要がありそうだ。 厚...

  • 原発被災地に「調整役」、福島 (3/6)

     放射性物質の環境汚染から経済繁栄に転じた米国・ハンフォード地域を手本に、東京電力福島第1原発事故の被災地で産官学の調整役となる民間組織「福島浜通りトライデック」が6日、設立した。福島県の沿岸住民が望...