ニュース

北・東日本で大雪に警戒続く 発達した低気圧通過

2021/1/30 6:12
 気象庁の庁舎

 気象庁の庁舎

 発達した低気圧や強い冬型の気圧配置の影響で北日本や東日本は30日夕にかけて大雪となる地域がありそうだ。気象庁は暴風雪や暴風、高波、大雪に警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、発達した低気圧が北海道・渡島半島付近から釧路沖に進み、日本付近は強い冬型の気圧配置が続く見込み。北日本や東日本は31日にかけても大雪となる地域がありそうだ。

 31日午前6時までに予想される24時間降雪量はいずれも多い地域で北海道、東北、関東甲信、北陸40センチ。30日は、予想される最大風速(最大瞬間風速)は北海道、東北23メートル(35メートル)、北陸20メートル(30メートル)。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 緊急事態宣言、6府県で解除 (3/1)

     岐阜、愛知、京都、大阪、兵庫、福岡の6府県で3月1日、新型コロナウイルスの緊急事態宣言が解除された。ピーク時に比べて感染者は減少したが、感染再拡大への懸念は根強い。各府県は飲食店への時短営業要請を解...

  • 障害者の法定雇用率を引き上げ (3/1)

     国や自治体、民間企業に一定割合以上の障害者の雇用を義務付ける障害者雇用促進法の法定雇用率が1日引き上げられ、民間企業は0・1ポイント高い2・3%となった。政府は企業の雇い入れを促したい考えだが、新型...

  • 搬送の男性死亡、全身に暴行か (2/28)

     茨城県警ひたちなか署は28日、ひたちなか市の病院に男性が24日朝に搬送されて死亡し、死因が筋挫滅による外傷性ショックだったと明らかにした。全身に暴行を受けた疑いがあるといい、署は傷害致死容疑を視野に...

  • 学校防災の水準達成45% (2/28)

     宮城県石巻市立大川小の津波避難訴訟確定判決を機に強化された学校防災の水準を達成したのは、全国の市区町村の45%にとどまることが28日、共同通信アンケートで分かった。避難場所や危険区域を示したハザード...

  • 山林火災で焼死体発見 (2/28)

     28日午後1時40分ごろ、島根県雲南市大東町遠所の山林で煙が上がっているのを近所の男性が見つけ119番した。 雲南署などによると、駆け付けた消防署員が燃えている山林ののり面で男性とみられる焼死体を発...