ニュース

ファイザーが国内治験データ提出 厚労省、2月15日にも承認へ

2021/1/30 11:08

 米製薬大手ファイザーが、開発した新型コロナウイルス感染症のワクチンの安全性などを確かめるため、国内で実施した臨床試験(治験)のデータを30日までに厚生労働省に提出したことが分かった。

 同社は昨年12月に承認申請した際、海外で約4万3千人を対象に実施した大規模な治験のデータを出している。厚労省は今回提出された国内のデータも合わせて審査し、順調に進めば2月15日にも承認する見通し。

 国内治験は20歳以上の160人を対象に、二つのグループに分けてワクチンか偽薬のいずれかを接種し、主に安全性確認が目的。提出は当初2月の予定だったが、日本政府の要請で今月に早めた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 渋野日向子ら、女子ゴルフ初戦 (3/4)

     ゴルフの国内女子ツアー今年初戦となるダイキン・オーキッド・レディースが4日、沖縄県琉球GCで開幕した。ツアーでは一昨年の最終戦以来、1年3カ月ぶりに観客が入り、選手たちには拍手、声援が送られた。 一...

  • 首都圏再延長を重ねて表明、首相 (3/4)

     菅義偉首相は4日の参院予算委員会で、首都圏4都県に発令中の新型コロナウイルス緊急事態宣言について「国民の命と暮らしを守るため、2週間程度の延長が必要と考えている」と重ねて表明した。専門家の意見を聞い...

  • 偽ワクチンの密売組織を摘発 (3/4)

     【パリ共同】国際刑事警察機構(ICPO、本部フランス・リヨン)は3日、南アフリカと中国の当局が偽の新型コロナワクチンの密売組織を摘発し、計約80人を拘束したと発表した。 発表によると、南アフリカ当局...

  • DV相談、過去最多の8万件超に (3/4)

     2020年に全国の警察に寄せられたドメスティックバイオレンス(DV)の相談は8万2643件(前年比436件増)で、01年のDV防止法施行以降、過去最多を更新したことが4日、警察庁の統計(確定値)で分...

  • 八村塁、若手球宴メンバーに選出 (3/4)

     【ワシントン共同】米プロバスケットボールNBAは3日、プロ2年目までの若手が米国選抜と世界選抜に分かれて対戦する「ライジング・スターズ」の選出メンバーを発表し、ウィザーズの八村塁が新人だった昨季に続...