ニュース

模試でイスラム教とテロ結び付け 佐賀、高1対象の英語問題

2021/1/30 21:46

 佐賀県内の高校1年生を対象にした英語の模擬試験で、問題文にイスラム教とテロリストを結び付ける表現が含まれていたことが30日、県教育委員会への取材で分かった。県教委は不適切だったとの認識を示し、教員の人権意識の向上など再発防止に取り組むとした。

 試験問題は日本人の高校生がエジプトなどを旅行した際の実体験をつづった英文を基に、教員らでつくる部会が作成した。観光客に1枚1ドルの絵はがきを買うよう迫る現地の少年に関し、高校生の父親が「(彼らは)もし稼ぐことができなかったら食べ物を求めてモスクへ行き、そしてテロリストになる」と説明する場面があった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 運航会社元幹部らに実刑 (2/24)

     【イスタンブール共同】元日産自動車会長カルロス・ゴーン被告をトルコ経由でレバノンに逃亡させたとして、トルコで起訴されたジェット機運航会社の元幹部ら7人に対する判決公判が24日、イスタンブールの裁判所...

  • ハンセン病、患者名や住所流出か (2/24)

     明治時代に調査されたハンセン病患者の名前や住所が記載されたとみられる資料が、ネットのオークションサイトに一時出品されていたことが24日、長野県などへの取材で分かった。出品は既に削除されたが、有識者は...

  • NHK映らなくても契約義務 (2/24)

     NHKの放送だけ映らないように加工したテレビを購入した東京都の女性が、NHKと受信契約を結ぶ義務がないことの確認を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は24日、請求を認めた一審東京地裁判決を取り消し、...

  • 調教助手ら100人前後が受給 (2/24)

     茨城県美浦村と滋賀県栗東市にある日本中央競馬会(JRA)のトレーニングセンターで働く調教助手らが、新型コロナウイルス対策の国の持続化給付金を不正受給した疑いがある問題で、日本調教師会が調教助手ら約2...

  • 復興過程の公務災害、128件 (2/24)

     東日本大震災と東京電力福島第1原発事故で甚大な被害が出た岩手、宮城、福島3県の自治体で、復旧・復興業務が原因と認定された公務災害が128件に上ることが24日、地方公務員災害補償基金への取材で分かった...

ニュース アクセスランキング

  • 集計中です